菊花賞

【日経賞2018予想】世代レベルの物差しとなるキセキ参戦

昨年、秋の重賞戦線で次々古馬を打ち破り、今月のドバイへ次々とエントリーしていることから期待値の高い4歳世代。しかしながら、明けて今年になってからは本当に世代レベルが高いのか不安にさせるレースも多かったのが気にかかるところです。ドバイを目標に…

【阪神大賞典】レース展望

【阪神大賞典】レース展望(1/4ページ)

前走の京都記念では同世代のGI馬をまとめて打ち負かしたクリンチャー。菊花賞2着がフロックではなかったことを証明した【拡大】 阪神では日曜メインに阪神大賞典(18日、GII、芝3000メートル)が組まれている。天皇賞・春(4月29日、京都、G…

武幸四郎調教師が兄弟タッグで初出走初勝利

武幸四郎調教師が兄弟タッグで初出走初勝利

3日阪神1Rグアンで武幸四郎調教師(手前)が初勝利を果たした。鞍上は兄の武豊騎手【拡大】 3月1日付で新規開業した武幸四郎調教師(39歳)=栗東所属=が、3日の土曜阪神1R・3歳未勝利(ダート1800メートル、牝馬限定)のグアン(牝3歳、1…

クリンチャー重賞初制覇 騎手好調、G1勝利狙う

 2017年秋の菊花賞(G1、京都芝3000メートル)で2着と健闘したクリンチャー(牡4、栗東・宮本博厩舎)が11日の京都記念(G2、京都芝2200メートル)で重賞初制覇を飾った。G1馬4頭が出走した高水準のレースで結果を残した同馬だけでな…

競馬ラボ

京都記念(G2)では、お客様は宮本博厩舎所属・クリンチャー号と藤岡佑介Jが見事優勝♪ 同世代ダービー馬、皐月賞馬、秋華賞馬、エリザベス女王杯馬とG1馬4頭を撃破しました! 好位内を進み、直線でも他馬が嫌がる内から力強く伸び勝利! 不良馬場の…