府中牝馬S

データ班自信の推奨は3歳サングレーザー

過去10年のデータから馬券の狙いどころを探る エリザベス女王杯に続いて、京都競馬場で今週はマイルCSが行われる。モーリスが引退してからはマイル路線において確固たるエース級の実績馬がおらず、今回も混戦ムードが漂っている。今回は2007年以降の…

【エリザベス女王杯・田中歩の馬と歩もう】まさに充実期!秋華賞に続いてディアドラが本命

 第42回エリザベス女王杯・G1が12日、京都競馬場で行われる。土曜付「UMAJO(うまじょ)報知」で予想コラムを執筆中のフリーアナウンサー・田中歩さんは、11番枠を引き当てたディアドラに◎。3連単をヒットさせた秋華賞に続く本命指名で、天皇…

【エ女王杯】展開から浮上するのはこの馬だ

 「エリザベス女王杯・G1」(12日、京都) ハナはクロコスミア。トーセンビクトリー、マキシマムドパリ、エテルナミノルあたりが直後につけ、ヴィブロスを筆頭に人気どころがそれらを追う展開。府中牝馬Sはゆったりした流れになったが、さすがにG1と…

日曜京都“この馬は消さないで”

 【京都11R・スマートレイアー】出走馬の中で最年長の7歳だが、馬体の張りは今がピークと思えるほど。エリザベス女王杯は過去に10、5着と苦杯をなめているが、中4週で移動の少ない京都大賞典をステップに選んだことは馬体を見る限りプラスに出ている…

【エリザベス女王杯】モズカッチャン流れ込む

著者のコラム一覧外山勲 念入りな取材、ち密な分析に基づいた孤独の◎。決して守りには入らない、攻めて攻めて攻めまくる東京本紙。美浦トレセン通いはすでに20年以上になり、築いた人脈は多数。藤沢和、高橋祥、矢野厩舎…

【G1エリザベス女王杯】4歳馬の勝ちパターンに該当するヴィブロス「須田鷹雄 レース傾向分析」

 エリザベス女王杯が古馬に開放されて、およそ20年がたち、近年では3歳馬と4歳馬の成績が互角になり、5歳以上の馬のそれは少し落ちるといった具合だ。3歳馬は同レースの前に秋華賞があり、そこにピークを持ってきた馬だと、エリザベス女王杯までデキが…

【エ女王杯】クロコスミア Vへ好気配アピール!

 「エリザベス女王杯・G1」(12日、京都) 前哨戦の府中牝馬Sを制したクロコスミアは、2枠4番からビッグタイトルを狙うことになった。 10日は栗東坂路で軽く4F69秒2-15秒2をマークするなど順調そのものだ。西浦師は「枠順は4番から8番…