安田記念

【若駒ピカイチ】トゥザフロンティア

【若駒ピカイチ】トゥザフロンティア

22日中京5R新馬を快勝したトゥザフロンティア【拡大】 《戦評》中団の外で追走し、残り600メートルあたりから進出。直線では内にササる幼さを見せたが、ラスト50メートル付近からは余裕たっぷりに抜け出した。粗削りながらも、ポテンシャルは高い。…

【徹底考察】マイルCS(G1) サトノアラジン「ついに来たキャリア最大のチャンス!ただし、戴冠には『あの馬 …

サトノアラジン(JBISサーチ公式サイトより) 『考察』  エリザベス女王杯(G1)の勝ち馬となるラキシスの全弟として、幼少の頃から「大器」と評されてきたサトノアラジンだが、ようやくG1戴冠の最大のチャンスが巡ってきたのかもしれない…