ジャパンC

ヴィブロス、次は秋 エリザベス女王杯かジャパンC

 3月のドバイターフを制した後、休養しているヴィブロス(栗・友道、牝4)は秋は国内に専念する。30日、友道調教師が「JRA賞(最優秀4歳以上牝馬)を狙えるようにローテーションを組みます」と明らかにした。始動戦はエリザベス女王杯(11月12日…

【阪神牝馬S】レース展望

【阪神牝馬S】レース展望

ミッキークイーンはここでは地力上位の存在だ【拡大】 阪神には土曜も重賞が組まれ、メインで行われるのが第60回サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(8日、GII、芝・外1600メートル)。1着馬にはヴィクトリアマイル(5月14日、東京、GI、…

【有馬記念展望】JC勝ちキタサンブラック、昨年Vゴールドアクター、3歳サトノダイヤモンドが有力…カギ …

 2016年のラストを飾るJRA・G1は12月25日、中山競馬場で暮れのグランプリ、第61回有馬記念(芝2500メートル)。 前走のジャパンCを余裕十分に逃げ切ったキタサンブラック(牡4歳、栗東・清水久詞厩舎)が絶対的な中心馬になろう。秋初…