オークス

ハービンジャー産駒G1を3勝 悪天候追い風に

 種牡馬ハービンジャー(11歳)の子供が秋の京都競馬のG1で3勝を挙げる活躍をみせた。勝ったのはすべて栗東所属の3歳馬。10月15日の牝馬3冠最終戦、秋華賞(芝2000メートル)でディアドラ(橋田満厩舎)が、ハービンジャー産駒初のG1制覇を…

宝塚勝ちの姉マリアライトを超える逸材?

競馬専門紙「優馬」の2歳馬チェック 今週末は2歳女王決定戦の阪神ジュベナイルフィリーズが行われるが、来年の牝馬クラシックを狙う素質馬はまだまだスタンバイしている。宝塚記念を勝ったマリアライトを姉に持つエリスライトもその1頭だ。一方、牡馬マイ…

生まれてこなかったはずの馬が、1人の男の熱意で生を受け、ビッグレースを制するまでの感動秘話

 11月20日、ディーマジェスティの引退、種牡馬入りが発表された。  同馬は2016年、皐月賞のほか共同通信杯とセントライト記念に優勝。G1勝ちは1つだけであったが、実は本来ならそれらの勝利は無くてもおかしくはなかった。1人の男の馬を愛する…

【ジャパンカップ】2着レイデオロ 藤沢和調教師「強い馬に胸を借りたのはプラスになる」

3着キタサンブラック(右)をクビ差で抑え2着のレイデオロ(中)、左はシュヴァルグラン 現役最強馬キタサンブラックを筆頭に、今年のダービー、オークス両馬など豪華な顔ぶれで迎えた今年のGI「第37回ジャパンカップ」(26日、東京競馬場=芝240…