JRA「忖度」でM.デムーロ騎手「G1騎乗」拒否!? 年間G1最多勝「新記録」チャンスも3週連続”騎乗パス”で …

JRA「忖度」でM.デムーロ騎手「G1騎乗」拒否!? 年間G1最多勝「新記録」チャンスも3週連続騎乗パスで「謎行動」の理由?の画像1

 大いに盛り上がった今年のG1戦線も今週の朝日杯フューチュリティSを含めて、残り3戦。いよいよ、年の瀬が迫ってきた。ただ、そんなG1戦線に今"異常事態"が発生している。本来、その「中心にいるべき人物」がいないのだ。

 その人物とは述べるまでもなく、史上最多タイとなる年間G1・6勝を達成したM.デムーロ騎手だ。

 春のオークスから先月のマイルCSまで、10戦連続3着以内を達成するなど、今年のG1戦線でまさに無双の活躍を見せたイタリア人騎手。この秋はスプリンターズS、菊花賞、エリザベス女王杯、マイルCSと4勝の固め打ち。まさに「ミルコの秋」と述べても過言ではない状況だ。

 しかし、そんなG1コレクターがサトノクラウンで10着に大敗した先月のジャパンCを最後に、3週連続で中央でのG1騎乗がないのだ。2月のフェブラリーSから11月のジャパンCまで、JRAの平地G1・19戦連続"皆勤賞"だったデムーロ騎手が、ここ3週連続で不在なのはどうしたことか。

 まさか、ジャパンCの敗退で10戦連続3着以内の記録が途切れたショックということはあるまい。阪神ジュベナイルFに関しては、同日の香港ヴァーズでキセキに騎乗していたため仕方ないにしても、今週の朝日杯フューチュリティSにまで名前がないのは、なんとも寂しい。

 無論、たまたま騎乗馬がいないという見方もできる。ただ仮にそうであったとしても、時に非情な乗り替わりを繰り返してでも、有力馬に騎乗してきたのがデムーロ騎手だ。第一、チャンピオンズCを勝って統一ダート王に輝いたゴールドドリームに、フェブラリーSで騎乗していたのは、他ならぬデムーロ騎手ではないか。

 13日に川崎競馬場で行われた全日本2歳優駿を楽勝したように、G1での"神通力"はまだまだ健在。常々「全部勝ちたい」と公言し、年間G1・6勝の記録を達成した際も「ニューレコードは大好き」と語っていた"勝負の鬼"が、ここで急に大人しくなったのは何故なのか......。


引用元:この記事を読む

プロのレースの買い目予想

今週末のレースの予想は今すぐこちらで確認。無料で買い目が見れます。買い目の参考に。

プロの買い目を見てみる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。