7番人気リコーワルサーが抜け出し快勝/鎌倉記念・川崎

森泰斗騎手騎乗のリコーワルサーが勝利(撮影:武田明彦)

森泰斗騎手騎乗のリコーワルサーが勝利(撮影:武田明彦)

 11日、川崎競馬場で行われた第16回鎌倉記念(2歳・ダ1500m・1着賞金1200万円)は、スタート一息も道中ポジションを上げていった森泰斗騎手騎乗の7番人気リコーワルサー(牡2、大井・荒山勝徳厩舎)が、3コーナーで前に並びかけて直線抜け出し、2着の2番人気マッドドッグ(牡2、北海道・林和弘厩舎)に3馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分35秒4(稍重)。

 さらにアタマ差の3着に5番人気ゴールドパテック(牝2、川崎・岩本洋厩舎)が入った。なお、3番人気モリノラスボス(牡2、北海道・桑原義光厩舎)は5着、1番人気シェーンリート(牝2、浦和・小久保智厩舎)は10着に終わった。

 勝ったリコーワルサーは、父ブラックタイド、母エトワールステージ、その父デヒアという血統で、これが重賞初制覇。

【勝ち馬プロフィール】
◆リコーワルサー(牡2)
騎手:森泰斗
厩舎:大井・荒山勝徳
父:ブラックタイド
母:エトワールステージ
母父:デヒア
馬主:土橋正雄
生産者:レースホース牧場
通算成績:3戦2勝(重賞1勝)


引用元:この記事を読む

プロのレースの買い目予想

今週末のレースの予想は今すぐこちらで確認。無料で買い目が見れます。買い目の参考に。

プロの買い目を見てみる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。