【京阪杯】ソルヴェイグが”モズカッチャン流”調整で重賞3勝目狙う

【京阪杯】ソルヴェイグが"モズカッチャン流"調整で重賞3勝目狙う

11月26日(日)、5回京都8日目12Rで行われる京阪杯(G3)に、ソルヴェイグ(牝4、栗東・鮫島厩舎)が出走する。鮫島厩舎はエリザベス女王杯をモズカッチャンで、馬主のG1レーシングはマイルCSをペルシアンナイトで勝ち、ともにG1初制覇と勢いに乗っている。スプリンターズSを除外されたソルヴェイグにとっては、今後のG1獲りへ向けて賞金を加算しておきたい一戦。松浦助手を独占取材し、レースに向けた手応えを聞いた。

●前走は逃げ切りも「目標を置いて競馬する形がベスト」

-:前走、オパールSは好時計で完勝でしたね。

松浦助手:スプリンターズSを除外になってしまい、中間冬毛が出始めたりと少し状態が下降線に入ってきたかな、というところでの出走だったので、よく頑張ってくれたと思います。

-:スプリンターズSの週に「生涯最高のデキ」とおっしゃっていましたが?

松:あの時の除外は痛恨の極みです。当初は出られると思っていたのですが、レーティングの関係で除外になってしまい……。馬のデキは本当に良くて、これならと思っていたので、馬に申し訳ないことをしました。

-:夏休みを挟んで迎えた前々走、キーンランドカップは惜しくも2着でしたね。あの時の状態はいかがだったのでしょうか。

松:キーンランドカップも休み明けにしてはいいデキだったと思います。

-:レースでは最後、内からエポワスに交わされて惜しくも2着でした。

松:いいスピードがある馬で馬場に脚を取られやすく、馬場のいいところを走らせたかったんです。なので内を開けて走ったら、その内を掬われてしまいましたね。先頭に立つとフワフワするところがある馬なので、シュウジなど目標になりそうだった馬がいなくなってしまったのも響いたと思います。

-:1頭になるとフワフワするとのことですが、オパールSは逃げ切って完勝でした。レースを振り返ってみていかがでしょうか?

松:本当はハナに立ちたくなかったのですが、スピードの違いでハナに行くことに。この馬はゲートの出もいいですし、二の脚が速いので、そこが長所でもあるのですが、先頭に立つとフワフワするので難しいところです。本来は2番手、3番手に控えて、前に目標を置いて競馬する形がベストだと思います。

●心身ともに成長「G1を獲れる馬」

-:オパールSを勝った後は一息入れて、今週の京阪杯に臨まれます。

松:戻ってきた当初に比べると、先週あたりからだいぶ良くなってきました。元々気持ちも乗りやすい馬ですし、やりだしたら早いです。(同厩舎の)モズカッチャンが1週前の水曜と日曜にしっかり攻めてG1を勝ちましたが、この馬も今回は1週前の水曜と日曜にしっかり時計を出しました。恥ずかしくないデキにありますよ。

-:馬場が悪くないほうがいいとのことですが、京都の芝は最終週、だいぶ荒れてきています。その点に関してはいかがでしょうか?

松:だいぶ馬場が荒れてきていますし、先週の京都の芝は外伸びにシフトしてきた気配があるのがどうかですね。ただ1200mだとスローになりやすいですし、内の前有利になってくれないかなと思っています。あとは良馬場でやりたいですね。雨で馬場が重くなるとノメってしまうので…。あとはこの馬のことを一番わかってくれているジョッキーに託すだけです。

-:枠の希望はありますか?

松:ゲートも二の脚もいい馬ですからね。以前は奇数枠だとゲートの中で落ち着かないところがありましたが、最近はそういう面も解消されてきました。

-:京阪杯、そしてその先のG1獲りの期待も高まりますね。

松:古馬になって体もゴツくなってきましたし、大人になってきたように思います。中身が変わってきました。G1を獲れる馬だと思いますし、一戦一戦勝っていけるよう、しっかり仕上げていきたいです。

-:最後にファンへメッセージをお願いします。

松:この子はまだ大きな病気や故障もなく頑張ってくれていますし、何とかG1を勝たせてあげたいです。スプリンターズS除外の悔しさも晴らしたいですね。応援よろしくお願いします。


引用元:この記事を読む

プロのレースの買い目予想

今週末のレースの予想は今すぐこちらで確認。無料で買い目が見れます。買い目の参考に。

プロの買い目を見てみる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。