2018年2月の記事

【新加入・豊島 報知で予想はじめました】<1>今週末から予想開始!デキる大人の印で魅せていきます

 競馬記者キャリア11年で、数々の大穴を当ててきた豊島俊介記者がスポーツ報知の競馬スタッフに新加入。今週末から予想を開始するにあたり、報知杯弥生賞的中を目指す連載「報知で予想はじめました」をスタートする。初回はどんなスタンスの記者なのかを自…

クリンチャー重賞初制覇 騎手好調、G1勝利狙う

 2017年秋の菊花賞(G1、京都芝3000メートル)で2着と健闘したクリンチャー(牡4、栗東・宮本博厩舎)が11日の京都記念(G2、京都芝2200メートル)で重賞初制覇を飾った。G1馬4頭が出走した高水準のレースで結果を残した同馬だけでな…

大谷剣市

著者のコラム一覧大谷剣市 本命、大穴決着どちらもドンとこい。縦横無尽にメーンを斬りまくり。2015年は有馬記念の馬連6840円を◎サウンズオブアースでズバリ的中。昨秋もアルゼンチン共和国杯、エリザベス女王杯を…

早まる有力馬の始動戦 冬場の調整に難しさも

 11日の京都競馬場は朝のレースからいつもより大きな歓声が上がった。この日のファンの目当ては京都記念(G2、芝2200メートル)。2017年の日本ダービー馬、レイデオロ(牡4)、皐月賞馬のアルアイン(同)など、4頭のG1馬が出走する豪華な顔…

JRA武幸四郎厩舎より将来有望? 新規開業厩舎が「ダノンプレミアム厩舎直伝」&「大物バックアップ」で大 …

 新規開業が近づいている田中博康厩舎。今年の新規開業厩舎では何といっても武幸四郎厩舎に注目が集まっているが、田中博厩舎も負けず劣らずという声がある。 2006年に美浦の騎手としてデビューし、2009年のエリザベス女王杯(G1)を11番人気ク…