2017年1月の記事

【アメリカJCC】シングウィズジョイ騎乗で落馬したルメール「来週は大丈夫だと思う」

 22日の中山11R・第58回アメリカJCC・G2で、4番人気のシングウィズジョイ(牝5歳、栗東・友道厩舎)に騎乗して落馬したクリストフ・ルメール騎手(37)=栗東・フリー=はレース後、背部打撲、咽頭部挫傷と診断された。4Rでも落馬して右ひ…

【AJCC】シングウィズ持ったまま12秒3

 エリザベス女王杯2着のシングウィズジョイは、栗東CWコースでコンビ2走目のルメール騎手を背に、持ったままラスト1F12秒3と末脚を伸ばして、インヴィクタに1馬身先着した。  「グッド。間隔は空いたけど大丈夫だよ。デキはこの前と同じだし、チ…

昨年の宝塚記念制したマリアライトが引退

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。 ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではあり…

女王マリアライト引退

2017/01/15 16:10 カテゴリ:注目 女王マリアライト引退 写真はドゥラメンテ、キタサンブラック、ラブリーデイら牡馬の強豪をまとめて負かした2016年宝塚記念(ピンク帽がマリアライト)。数年後いったいどんな仔をターフに送り出…

マリアライト引退=競馬

 日本中央競馬会は15日、昨年の宝塚記念(GI)を制したマリアライト(牝6歳、美浦・久保田貴士きゅう舎)の競走馬登録を同日付で抹消したと発表した。今後は北海道の牧場で繁殖馬となる予定。 通算成績は20戦6勝。2015年のエリザベス女王杯を含…

マリアライトが競走馬登録を抹消

マリアライトが競走馬登録を抹消

マリアライト【拡大】  2015年のエリザベス女王杯、16年の宝塚記念とGIで2勝を挙げたマリアライト(牝6歳、美浦・久保田貴士厩舎、父ディープインパクト)が、1月15日付で競走馬登録を抹消した。今後は北海道安平町のノーザンファームで…

【愛知杯】プリメラアスール独り旅だ

 昨春からレースぶりに安定感が出てきたプリメラアスールは秋、準OP2着から大舞台のエリザベス女王杯に挑戦。強豪相手にも動じずマイペースの逃げを打ち、0秒5差5着に粘る健闘を見せた。  「前走後はここを目標に調整。テンションを上げすぎないよう…

【愛知杯】シャルール初タイトル獲得へ

 今週からは中京開催がスタートする。土曜メーン・愛知杯の主役はシャルール。昨年は福島牝馬S、クイーンSと②着が2回だっただけに、今年は何としても結果を出したいところだ。松永幹師を直撃した。――前走のエリザベス女王杯は⑮着でした。松永幹調……