17年新設G1大阪杯で選択肢増 女王争いは群雄割拠の様相

 昨年末のグランプリはサトノダイヤモンド(牡4歳、栗東・池江)が完勝。世代レベルの高さを証明したが、天皇賞・春、ジャパンCを制したキタサンブラック(牡5歳、栗東・清水久)も反撃に虎視たんたん。ともに海外を視野に入れる古馬2頭が、2017年も存在感を示しそうだ。3歳牡馬クラシック路線はタレント豊富も、サトノアレス、レイデオロ(ともに美浦・藤沢和)が中心に。牝馬も同厩のソウルスターリングが一歩リードという状況だ。

 有馬記念でバトルを演じたサトノダイヤモンドとキタサンブラックが2強を形勢。秋は凱旋門賞、上半期は国内専念を表明しているダイヤモンド、同様に海外も視野に入っているブラックの動向次第で、状況は大きく変化することになる。

 最強世代のダービー馬マカヒキ、皐月賞馬ディーマジェスティも存在感を強めそうだ。2000メートルのG1として大阪杯が新設されたことで、上半期の選択肢は増えた。有馬記念4着馬ヤマカツエースなどにとっては、格好のターゲットとなるだろう。

 牝馬は、有馬記念5着のミッキークイーン、エリザベス女王杯を制したクイーンズリング、秋華賞馬ヴィブロスなどが、トップの座を激しく争う様相。マイルは、絶対王者不在。ミッキーアイル、イスラボニータに新星が挑む、という構図か。ダートはアウォーディー、サウンドトゥルーなどを軸に展開しそう。


引用元:この記事を読む

プロのレースの買い目予想

今週末のレースの予想は今すぐこちらで確認。無料で買い目が見れます。買い目の参考に。

プロの買い目を見てみる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。