父ロードカナロア、母フサイチパンドラのアーモンドアイなどがデビュー/新馬戦

母フサイチパンドラのアーモンドアイが日曜新潟6Rでデビュー(撮影:佐々木祥恵)
netkeiba.com

 8月5日(土)・6日(日)に行われる新馬戦の出走馬が、3日確定した。

 今週は新潟、小倉、札幌で計8鞍の新馬戦が組まれている。主な出走馬は以下の通り。

※左から、馬名(性別、騎手・調教師、父馬)

◆8/5(土)
・新潟5R(芝1600m・12頭)
カーボナード(牡、岩田康誠・栗田徹、ディープインパクト)…順調に乗り込まれ、追い切りは3頭併せで良い動きを見せた。

・小倉5R(芝1200m・13頭)
カフジバンガード(牡、岩崎翼・松元茂樹、ハービンジャー)…追い切りは栗東坂路で4F52.7秒、ラスト1ハロン12.7秒と良い動きを見せた。仕上がりが良さそうで、初戦から期待。

・札幌5R(芝1200m・9頭)
アーヴァイン(牡、K.ティータン・浅見秀一、キンシャサノキセキ)…中間から動きが目立っていて、能力が高そう。

◆8/6(日)
・新潟5R(芝1800m・10頭)
ロックディスタウン(牝、C.ルメール・二ノ宮敬宇、オルフェーヴル)…ステイゴールド産駒の半姉キャットコインはデビューから3連勝でクイーンCを制した。中間の動きも良く、素質は高そう。

・新潟6R(芝1400m・17頭)
アーモンドアイ(牝、C.ルメール・国枝栄、ロードカナロア)…母フサイチパンドラは2006年のエリザベス女王杯を制した。調教の動きが目立っていて、素質はかなり高そう。

・小倉5R(芝1800m・12頭)
ロングランメーカー(牡、D.ホワイト・池江泰寿、エンパイアメーカー)…ディープインパクト産駒の半姉ミッキークイーンは2015年のオークス、秋華賞を制し、今年の宝塚記念でも3着に入った。

・小倉6R(牝・芝1200m・10頭)
ラガーデリゲート(牝、松山弘平・池添学、ロードカナロア)…追い切りは栗東坂路でラスト1ハロン12.4秒と鋭い動きを見せた。

・札幌5R(芝1800m・13頭)
レッドオールデン(牡、柴山雄一・藤沢和雄、ルーラーシップ)…順調に乗り込まれ、追い切りは札幌芝コースで3頭併せ馬。鋭い動きで先着した。


引用元:この記事を読む

プロのレースの買い目予想

今週末のレースの予想は今すぐこちらで確認。無料で買い目が見れます。買い目の参考に。

プロの買い目を見てみる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。