武豊騎手が今週の騎乗をキャンセル エリザベス女王杯のスマートレイアーは川田騎手に

 武豊騎手(48)=栗東・フリー=が膝の故障のため、今週11月11、12日の中央競馬での騎乗を取りやめた。

 同騎手のオフィシャルサイトによれば、8日の坂路での調教騎乗で落馬。膝の靱帯を傷めた。精密検査の結果は「今週無理すると、後々まで後遺症が尾を引く可能性あり」という診断だったため、今週の騎乗を取りやめることを決断。来週以降の騎乗は、今後の回復具合をみて決められるもようで、同サイトでは「ここで休むことで、来週以降の騎乗の可能性が大きく開けるということであれば、一時撤退の結論もご理解いただけるのではないでしょうか」としている。

 12日に行われるエリザベス女王杯(京都)で人気の一角となるスマートレイアー(牝7歳、栗東・大久保龍志厩舎)は、初コンビとなる川田将雅騎手(32)=栗東・フリー=、また11日のデイリー杯2歳S(京都)の有力馬、ジャンダルム(牡2歳、栗東・池江泰寿厩舎)は、今週から短期免許で騎乗するイギリスで活躍するアンドレア・アッゼニ騎手(26)=イタリア=が騎乗することになった。


引用元:この記事を読む

プロのレースの買い目予想

今週末のレースの予想は今すぐこちらで確認。無料で買い目が見れます。買い目の参考に。

プロの買い目を見てみる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。