武豊、幸四郎の兄弟愛にかくれたもう一つのきょうだい愛の物語

王手をかけたまま思わず迷い込んだ長いトンネル

 3月3日、阪神競馬第1レース。

 武幸四郎厩舎の初出走となったグアンが、兄・武豊の手綱捌きで勝利した。美しききょうだい愛が話題となったこのレースのわずか1時間後、もう1つのきょうだい愛が同じ阪神競馬場でひっそりと花を咲かせていたことを知っている人は少ないだろう。

 1982年11月24日、東京都練馬区で川島信二は生を受けた。父・克巳、母・緑の下、3歳上の兄と3歳下の双子の妹と育てられた。

 競馬との最初の接点は父が好きだったこと。川島もゲームや漫画で興味を抱いた。

 中学では競馬好きの担任に乗馬クラブを紹介してもらい、通うようになった。そんなある日、テレビ画面に映されるマッチレースに心を奪われた。

 「ナリタブライアンとマヤノトップガンが叩き合った阪神大賞典をみて、『競馬って凄い!!』って感動しました」

 1996年、3着馬を9馬身突き放し、G1馬2頭が叩き合った末、ナリタブライアンがマヤノトップガンに頭だけ先着した阪神大賞典だった。

 これを機に本気で騎手になることを決意。競馬学校を受験すると合格。所属先を決める時はあえて関西を希望。栗東・安藤正敏厩舎の所属が決まった。

 2001年、騎手デビューする際には師匠から1本の鞭を渡された。厩舎の先輩で、競走中の落馬事故により他界した岡潤一郎が現役時代、愛用していた鞭だった。

 「岡さんのようにG1を勝てる騎手にならなければいけないと誓いました」

川島信二騎手
川島信二騎手

 デビュー年に10勝した川島は2年目には32勝。3年目の03年2月にはマイネルブラウで小倉大賞典を勝利。重賞初制覇を飾ると同年8月にはオースミハルカでクイーンSを優勝。同馬とのコンビでは翌04年にもクイーンSや府中牝馬Sを制覇し、G1エリザベス女王杯では04、05年と2年連続で2着に好走してみせた。

 また、12年にはストークアンドレイで函館2歳Sを優勝するなど、一昨年の16年まで毎年2桁勝利をおさめてきた。

 その16年を終え、通算勝利数は291。例年通り勝てれば17年中には通算300勝を達成できると思われた。

 実際、9月にはその年の8勝目。通算299勝目を挙げて大台に王手をかけた。ところがそこで調教中の落馬による怪我を負った。これが思った以上に長いトンネルへの入り口だった。1カ月以上を棒に振ると、復帰後もなかなか勝てない日が続いた。

 結果、昨年はデビュー17年目で最低の8勝。300勝に王手をかけたまま、年を越すことになってしまった。

難産の末、ついに達成した記録の陰で兄を支えた妹

 年が明けても悪い流れは変わらなかった。勝てないまま2カ月が過ぎ、迎えたのが3月3日の阪神競馬だった。

 武兄弟が勝利した59分後、この日の第3レースで、川島はヒロノライデンの手綱をとった。

 「なかなか勝てなくて、すごく心配でした」

 そう語るのは川島純子。信二と3つ違いの双子の妹の1人だ。

 「兄の影響で騎手を目指しました」

 そう語る純子は兄がデビューを目前に控えた中学3年の時に競馬学校を受験。残念ながら不合格となると、双子の妹・陽子と共に北海道へ飛び、白井牧場で働き出した。

 2年後に千葉県の牧場へ籍を移すと、陽子が、現在は甲南大学で馬術部の監督をしている男性と出会い、結婚。この後、妹夫婦と共に淡路島の乗馬クラブで働いた時期もあったが、09年には純子だけが白井牧場へ戻り、育成部門を担当。現在に至っている。

騎手・川島信二の妹の川島純子さん
騎手・川島信二の妹の川島純子さん

 阪神競馬に出走したヒロノライデンは左鞭に応え、見事に先頭でゴールラインを通過してみせた。川島は難産の末、ついに通算300勝を達成したのだ。

 その週の競馬が終わると、川島はすぐに純子に電話を入れて、言った。

 「『ありがとう』と伝えました」

 そう、ヒロノライデンは入厩前に純子が育成していた馬だったのだ。

 「電話での受け答えは普通でした。『良かったね』っていう感じで……」と、川島。

 当時の心境を純子に聞くと、次のような答えが返ってきた。

 「ちょうど調教中で兄が勝つシーンを見ることはできませんでした。調教が終わって携帯をみたら沢山の人からお祝いのメッセージがきていて、それで300勝達成を知りました」

 だから、感動も今ひとつだったのか?と思いきや、そうではないことを、川島は後に知る。ある牧場関係者と話した時のことだった。純子からの電話で川島の300勝達成の報告を聞いたと言うその牧場関係者は川島に言った。

 「妹さんが泣きながら電話をしてきましたよ」

 果たしてそれは事実なのか……。純子に伺うと、彼女は「はい」と言う代わりに少し恥ずかしそうに、小さな声で答えた。

 「お兄ちゃんが、長い間勝てなくて苦しんでいただろうから……」

 トンネルはもう抜けた。川島のエンジンが再びかかることを信じたい。

 幼い頃、双子姉妹は毎晩、母親の両隣で寝ていた。妹たちに母をゆずった兄・信二はいつも足元で寝ていた。純子は言う。

「そんな優しいお兄ちゃんのことが今でも大好きです」

優しい兄・川島信二騎手(左)と陰で応援し続ける妹の純子さん。タッグでの今後の活躍にも期待したい
優しい兄・川島信二騎手(左)と陰で応援し続ける妹の純子さん。タッグでの今後の活躍にも期待したい

(文中敬称略、写真撮影=平松さとし)


引用元:この記事を読む

プロのレースの買い目予想

今週末のレースの予想は今すぐこちらで確認。無料で買い目が見れます。買い目の参考に。

プロの買い目を見てみる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。