日経新春杯、初夢みたいな穴馬3頭が今度こそ「お年玉」を運んでくる

 ごまかしの利かない2400m戦、それも広々とした京都の外回りコースで行なわれるGII日経新春杯(1月14日/京都・芝2400m)。その舞台設定から、荒れないイメージが強いレースと言えるだろう。

 加えて、今年は出走12頭による少頭数の争い。ますます堅いムードが漂い、実績のある人気馬から勝負しようと考えている人が多いかもしれない。

 しかし、過去の歴史を振り返ってみると、10番人気以下の伏兵がしばしば上位に食い込んで波乱を起こしている。

 例えば、2009年は11番人気のテイエムプリキュアが勝利。2013年には10番人気のカポーティスターが金星を飾っている。

 また、2015年には10番人気のフーラブライドが2着に突っ込んで、勝ったアドマイヤデウス(6番人気)との馬連は万馬券となり、3連単の配当は20万超えとなった。

 ならば、今回もかつてこの舞台で躍動した伏兵馬を参考にして、少し遅れてビッグなお年玉をもたらしてくれそうな”穴馬”候補を探してみたい。

 まずは、2015年に2着となったフーラブライド。彼女は、それまでに牝馬重賞を2勝し、前年の日経新春杯でも3着と奮闘するなど実績上位の1頭だったが、近走の成績が振るわなかった。

 3走前のGII京都大賞典(京都・芝2400m)で7着、続くGIエリザベス女王杯(京都・芝2200m)で4着、直前のGIII愛知杯(中京・芝2000m)でも6着と沈んで、馬券圏内(3着以内)に加われないレースが続いた。その結果、6歳という年齢的な衰えも囁かれるようになり、日経新春杯では評価が急落した。


引用元:この記事を読む

プロのレースの買い目予想

今週末のレースの予想は今すぐこちらで確認。無料で買い目が見れます。買い目の参考に。

プロの買い目を見てみる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。