日本が誇る「女傑」の孫、 リシュブールは「いいバネを持っている」

厳選! 2歳馬情報局(2017年版)
第10回:リシュブール

 長い競馬の歴史の中で、日本のホースマンたちが育んできた”至宝”の血統がいくつかある。そのひとつが、エアグルーヴからなる一族だろう。

 母は、1983年のGIオークス(東京・芝2400m)を制したダイナカール。その女王から生まれたエアグルーヴは、母に勝る強さを見せた。

 母娘制覇となった1996年のオークスでは他馬を寄せつけない”横綱相撲”で快勝し、翌年には牡馬一線級を相手にGI天皇賞・秋(東京・芝2000m)を制覇。施行条件が芝2000mとなってからは、牝馬初の快挙だった。

 当時の牝馬としては珍しく、牡馬に混じって古馬のGI王道路線を歩んだエアグルーヴ。ハイレベルな戦いの中でも常に上位争いを繰り広げ、その堂々たる姿はまさしく「女傑」と呼ぶに相応しかった。その結果、1997年には年度代表馬にも選出された。

 引退後も、母ダイナカールと同様、自らの才能を子どもたちに伝えた。2000年に生んだアドマイヤグルーヴは、2003年、2004年とGIエリザベス女王杯(京都・芝2200m)を連覇。さらに、そのアドマイヤグルーヴの子で、エアグルーヴの孫となるドゥラメンテは、2015年に牡馬クラシックの二冠(皐月賞、日本ダービー)を制した。

 また、2007年に生んだルーラーシップは、海外のGIクイーンエリザベス2世C(香港・芝2000m)を戴冠。国内のGI戦線でも、勝利こそ得られなかったが、何度となく上位入線を果たして多くのファンから愛された。


引用元:この記事を読む

プロのレースの買い目予想

今週末のレースの予想は今すぐこちらで確認。無料で買い目が見れます。買い目の参考に。

プロの買い目を見てみる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。