大レースにも繋がる一戦 中心は前走GI組か/オールカマー展望

 秋の天皇賞へのステップレースのひとつとして、勝ち馬には優先出走権が与えられるが、その先のレースを睨む馬たちの叩き台としても近年重要度を増している。

 一昨年の勝ち馬ショウナンパンドラはジャパンCを、同5着のマリアライトはエリザベス女王杯を勝利。2014年もこのレースで2着だったラキシスがエリザベス女王杯を優勝している。天皇賞のみならず、ジャパンC、エリザベス女王杯を占う上でも必見の一戦。

1.前走GI組が中心

 前走がGIだった馬は過去10年のこのレースで勝率20.0%、連対率44.0%という好成績を残している。中山外回りは息が入りにくいコース形態で、その上グレード別定でもあるため、底力勝負になりやすい。

2.直線一気は難しい

 過去10年間のうち、4コーナーで4番手以内の馬が8勝している。近年はレース上がりが速くなるのが通例で、勝ち切るためにはある程度早めに動いていける自在性が必須。

3.中5週以内の馬は疲れている

 中5週以内で使われていた馬は、7年連続で連対していない。サマー2000シリーズの創設以降、夏場にレース数を使う傾向が強まっており、間隔が詰まっている馬は疲労残りの懸念がある。

 注目はステファノス。春の大阪杯では先行するキタサンブラックを徹底マークしての2着。前走の安田記念は7着だったが、それも早めに動いて勝ちに行く競馬をしての0.3秒差で、悪い内容ではなかった。叩き良化タイプではあるものの、休み明けでも昨年の鳴尾記念で2着、一昨年の中山記念で3着と好走歴があり、それ以外のケースでも大負けはしていない。昨年の宝塚記念でも5着に入っており、距離で割り引く必要もないだろう。ここは勝ち切るところまで期待したい。


引用元:この記事を読む

プロのレースの買い目予想

今週末のレースの予想は今すぐこちらで確認。無料で買い目が見れます。買い目の参考に。

プロの買い目を見てみる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。