佐々木主浩氏ヴィブロスなど「G1級メンバー」が府中牝馬S(G2)に集結! 超一流の中距離馬とマイラーが …

佐々木主浩氏ヴィブロスなど「G1級メンバー」が府中牝馬S(G2)に集結! 超一流の中距離馬とマイラーが激突する「1800m」のG1昇格は?の画像1

 4連勝中の大器シルバーステートが故障離脱したものの、今年のオークス馬ソウルスターリング、昨年のダービー馬マカヒキ、ドバイターフの勝ち馬リアルスティール、安田記念の覇者サトノアラジン、2歳王者サトノアレスなどが出走を予定している毎日王冠(G2)。

 すでに競馬ファンの間では「G1級のメンバー」として高い注目を浴びているが、ここからさらに今年のドバイターフを勝った秋華賞馬ヴィブロス、ヴィクトリアマイルの覇者アドマイヤリード、昨年のエリザベス女王杯の勝ち馬クイーンズリングが加われば、それこそG1を超える「この秋一番の注目レース」になったかもしれない。

 というのも、この3頭は毎日王冠(G2)から、わずか1週後で同じく東京の芝1800mで行われるG2府中牝馬Sに参戦を予定しているからだ。

 逆に述べれば、今年は府中牝馬SもG1級の注目レースになるということでもある。

 ヴィブロス、アドマイヤリード、クイーンズリングの3頭は、紛れもなく今の牝馬戦線をリードする存在。今年の3歳世代を除けば、昨年の秋華賞以降の牝馬限定G1の勝ち馬のすべてが、府中牝馬Sに集結することになるからだ。

 さらに今年の中山牝馬Sを勝ったトーセンビクトリー、ヴィクトリアマイルで2着したデンコウアンジュ、安定感が魅力のクインズミラーグロ、古豪のデニムアンドルビーなど伏兵陣も充実しており、この秋の牝馬戦線を占う一戦になることは間違いないだろう。 

 しかし、アドマイヤリードは府中牝馬Sを使った後は、エリザベス女王杯には向かわずにマイル路線を歩む予定。そう考えれば、これだけのメンバーが揃ったのも、このレースが中距離馬とマイラーの両方に需要のある「1800m」で行われているからこそ、ということになる。


引用元:この記事を読む

プロのレースの買い目予想

今週末のレースの予想は今すぐこちらで確認。無料で買い目が見れます。買い目の参考に。

プロの買い目を見てみる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。