ヴィブロス春は全休、エリ女かJCへ マカヒキは凱旋門賞見送り国内専念

 ドバイターフを制したヴィブロス(牝4歳、栗東・友道)が、年内は国内に専念することが30日、分かった。友道師は「始動戦は分かりませんが、エリザベス女王杯(11月12日・京都)かジャパンC(11月26日・東京)を使って最優秀4歳以上牝馬を目指したい。春は使いません」と語った。

 また、僚馬で大阪杯4着のマカヒキ(牡4歳)も今年の凱旋門賞挑戦を見送り、年内は国内に専念する方針。現在は福島県のノーザンファーム天栄で放牧中で、次戦は宝塚記念を予定している。


引用元:この記事を読む

プロのレースの買い目予想

今週末のレースの予想は今すぐこちらで確認。無料で買い目が見れます。買い目の参考に。

プロの買い目を見てみる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。