ヴィブロス、エリザベス女王杯1週前追い切り速報/栗東トレセンニュース

馬なりで好時計をマークしているヴィブロス(写真最奥、撮影:井内利彰)

馬なりで好時計をマークしているヴィブロス(写真最奥、撮影:井内利彰)

 今年のドバイターフを勝ったヴィブロス(栗東・友道康夫厩舎)。秋の始動は府中牝馬Sで2着。434キロの馬体重は中山記念出走時の424キロから10キロ増えていたが、これは成長分だろう。この中間はエリザベス女王杯(11月12日・京都芝2200m)に向けて順調。今朝2日はレースに向けた1週前追い切りを行っている。

 CWコースで藤岡康太騎手(レースはC.ルメール騎手)が跨っての3頭併せ。ジェニシスが先行して、それをワグネリアンが追走し、それらを最後方から見ての道中。ジェニシスが6F標識の地点でかなり前に行っていたので、後ろの2頭は少しラップを速めて、その差を詰めていく。

 その分、ラップが少しちぐはぐにはなったが...


引用元:この記事を読む

プロのレースの買い目予想

今週末のレースの予想は今すぐこちらで確認。無料で買い目が見れます。買い目の参考に。

プロの買い目を見てみる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。