リスグラシューは予定していた有馬記念を回避し年内休養

リスグラシューは有馬記念を回避

リスグラシューは有馬記念を回避

 11月12日に京都競馬場で行われたエリザベス女王杯(GI・芝2200m)で8着のリスグラシュー(牝3、栗東・矢作芳人厩舎)は、12月24日に中山競馬場で行われる有馬記念(GI・芝2500m)への参戦を視野に入れていたが、これを回避し年内は休養に充てる。

 リスグラシューは父ハーツクライ、母リリサイド、母父American Postの3歳牝馬。2016年のアルテミスS(GIII)を制したほか、GIの2着が3回ある。通算成績は10戦2勝。


引用元:この記事を読む

プロのレースの買い目予想

今週末のレースの予想は今すぐこちらで確認。無料で買い目が見れます。買い目の参考に。

プロの買い目を見てみる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。