モズカッチャンは元気いっぱい エリザベス女王杯制覇から一夜明け

 エリザベス女王杯でG1初制覇を達成したモズカッチャン(牝3歳、栗東・鮫島一歩厩舎)が一夜明けた13日、滋賀・栗東トレセンの馬房で元気な姿を見せた。

 オークスで2着、秋華賞では3着と惜敗が続いたが、古馬と初対決となった今回、ついに悲願を達成した。担当の古川秀太助手は「悔しいレースが続いたけど、勝ててホッとしました。内枠(5番)からのスタートで完璧な位置取り。粘るクロコスミアをつかまえたとき、すごい根性があるなと思いました。今朝、馬房に来た時も、いつも通りの感じ。カイバをバクバクと食べています」と笑顔を見せた。

 鮫島厩舎は開業18年目でG1初制覇となったが、手がけている古川助手は栗東トレセンで調教助手になって1年目。初めての担当馬がG1馬になったという幸運の持ち主だ。同助手は「まだフワフワしています。G1を勝つには枠順などいろいろ運が必要だけど、馬が強かったです」と笑顔を見せた。


引用元:この記事を読む

プロのレースの買い目予想

今週末のレースの予想は今すぐこちらで確認。無料で買い目が見れます。買い目の参考に。

プロの買い目を見てみる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。