フサイチパンドラの仔、アーモンドアイが新潟芝1400mでデビュー/関東馬メイクデビュー情報

アーモンドアイは調教の気配も抜群でスピードもありそう(撮影:竹之内元)

写真を拡大 写真拡大

アーモンドアイは調教の気配も抜群でスピードもありそう(撮影:竹之内元)

 先週の新馬戦は今年のダービー馬レイデオロの全弟レイエンダが持ったままで快勝、ハヤブサマカオーが逃げて大差勝ちを決めるなど今後が楽しみな馬が多く出走していたが、今週はどのようなパフォーマンスを見ることができるだろうか。

◆アーモンドアイ(牝、父ロードカナロア、母フサイチパンドラ、美浦・国枝栄厩舎)

 サンデーサイレンス産駒の母は2006年のエリザベス女王杯を繰り上がりで勝ち、オークス2着、秋華賞3着などGI戦線で活躍した。7月27日にはウッドチップコースで古馬を相手に追い切られ、3頭併せの真ん中で同入。気配は抜群だ。

「気性的に敏感というか、ちょっと気持ちが入り過ぎてしまうようなところもあるけど、いいスピードがありそうだし...

続きを読む

続きをお読みいただくには、ベーシックコース(月額250円(税別))への登録が必要です。既にご登録済みの方はこちらからログインしてください。ご登録いただきますと、スマホ版でもご覧いただけます。


引用元:この記事を読む

プロのレースの買い目予想

今週末のレースの予想は今すぐこちらで確認。無料で買い目が見れます。買い目の参考に。

プロの買い目を見てみる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。