ハッシーの中央競馬新馬セレクション(8/6札幌・8/6新潟)

【今週デビューの注目馬】

☆レッドオールデン

 2017年8月6日(日)札幌第5R芝1800m戦に出走予定のレッドオールデン。

 馬名の由来は、「冠名+人名より。母名より連想」。牡、鹿毛、2015年4月24日生。美浦・藤沢和雄厩舎。父ルーラーシップ、母リーチフォーザムーン、母父Pulpit。生産は新ひだか町・千代田牧場、馬主は東京ホースレーシング。愛馬会法人・東京サラブレッドクラブの募集馬で総額1800万円。伯父には00年マイルCS(GⅠ)や01年香港C(GⅠ)、02年フェブラリーS(GⅠ)など芝、ダートのGⅠを6勝したアグネスデジタル(父Crafty Prospector)がいる。本馬は、豊富な筋肉量を誇る雄大な馬体の持ち主。特に胸前は非常に深く、エンジンは大きそうだ。前から見ても幅があり、如何にもパワーがありそう。飛びが大きく、ダイナミックな走り。ダートでもいけそうだ。なお、鞍上には柴山雄一騎手を予定している。

☆アーモンドアイ

 2017年8月6日(日)新潟第6R芝1400m戦に出走予定のアーモンドアイ。

 馬名の由来は「美人とされる顔の目の形」。牝、鹿毛、2015年3月10日生。美浦・国枝栄厩舎。父ロードカナロア、母フサイチパンドラ、母父サンデーサイレンス。生産は安平町・ノーザンファーム、馬主はシルクレーシング。愛馬会法人・シルクホースクラブの募集馬で総額3000万円。母は06年エリザベス女王杯(GⅠ)の勝ち馬。伯父には芝、ダートで4勝を挙げたサムソンハッピー(父サンデーサイレンス)がいる。本馬はすらっとしたやや脚長で、父に似た迫力のあるトモの持ち主。走りには軽さがあり芝向きだろうが、まだ中身には緩さがあり、やや非力な印象から軽い芝が良さそう。なお、鞍上にはC・ルメール騎手を予定している。

※出走予定競走には、馬の体調、抽選非当選により出走しない場合があります。

<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。北海道・浦河にある生産牧場での牧童経験を活かし、馬の適性を見極める。特技は寝わら上げ。本サイト毎週火曜掲載の「ハッシーの地方競馬セレクション」、土曜掲載の「ハッシーのロックオン〜狙ったレースは逃さない!〜」も担当している。


引用元:この記事を読む

プロのレースの買い目予想

今週末のレースの予想は今すぐこちらで確認。無料で買い目が見れます。買い目の参考に。

プロの買い目を見てみる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。