ハッシーの中央競馬新馬セレクション(10/1中山・9/30阪神)

【今週デビューの注目馬】

☆グローリーヴェイズ

 2017年10月1日(日)中山5R芝1800m戦に出走予定のグローリーヴェイズ。馬名の由来は「栄光のつぼ。母名より連想」。牡、黒鹿毛、2015年3月2日生。美浦・尾関知人厩舎。父ディープインパクト、母メジロツボネ、母父スウェプトオーヴァーボード。生産は洞爺湖町・レイクヴィラファーム、馬主はシルクレーシング。愛馬会法人・シルク・ホースクラブの募集馬で総額7000万円。3代母は牝馬3冠を初めて成し遂げたメジロラモーヌ。母は芝の短いところで4勝を挙げた快速馬。本馬は小柄ではあるものの、ゴムまりのような弾力性の高い筋肉を持ち、ディープインパクト産駒らしい手先が軽く如何にもキレがありそうな走り。母父スウェプトオーヴァーボードから高いスピード能力を受け継いでおり、距離は2000m前後が良さそうだ。なお、鞍上にはM・デムーロ騎手を予定している。

☆アドマイヤキング

 2017年9月30日(土)阪神第5R芝1800m戦に出走予定のアドマイヤキング。馬名の由来は「冠名+王様」。牡、鹿毛、2015年2月8日生。栗東・友道康夫厩舎。父キングカメハメハ、母アドマイヤテンバ、母父クロフネ。生産は安平町・ノーザンファーム、馬主は近藤利一氏。祖母は03年、04年エリザベス女王杯(GⅠ)を連覇したアドマイヤグルーヴ(父サンデーサイレンス)。半姉にはエルフィンSで2着に入ったアドマイヤローザ(父ハービンジャー)がおり、叔父には15年皐月賞(GⅠ)、日本ダービー(GⅠ)の二冠を制したドゥラメンテ(父キングカメハメハ)がいる。本馬はしっかりとした骨格に対して筋肉量はまだこれからといった感じだが、柔軟性があり弾力のある良質な筋肉の持ち主で、現時点でも目を見張る動きを見せている。頸はほど良い太さと長さでバランスは良いが、全体的にはまだ成長途上の馬体。完成すると非常にバランスが良い好馬体になるだろう。胸前は深く、心肺機能も高そうだ。キレというよりも長く良い脚を使うタイプだろう。なお、鞍上にはM・デムーロ騎手を予定している。

※出走予定競走には、馬の体調、抽選非当選により出走しない場合があります。

<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。北海道・浦河にある生産牧場での牧童経験を活かし、馬の適性を見極める。特技は寝わら上げ。本サイト毎週火曜掲載の「ハッシーの地方競馬セレクション」、土曜掲載の「ハッシーのロックオン〜狙ったレースは逃さない!〜」も担当している。


引用元:この記事を読む

プロのレースの買い目予想

今週末のレースの予想は今すぐこちらで確認。無料で買い目が見れます。買い目の参考に。

プロの買い目を見てみる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。