ディープ娘が2歳牝馬ランク最上位を獲得

競馬専門紙「優馬」の2歳馬チェック

 東京マイルの新馬戦では、ディープ産駒のレッドベルローズがその末脚で良血馬エルディアマンテを制し、一気に来春のヒロイン候補に浮上! 京都では、従兄弟に今年のダービー3着馬アドミラブルを持つフランツが鮮やかにデビュー勝ちを収めた。クラシック常連の血統馬、気になる★評価は…?

牝馬戦線にヒロイン候補誕生! レッドベルローズ

11/18(土) 東京6R 2歳新馬 芝1600m

レッドベルローズ 牝 馬体重:456kg

★★★★★★★★ 8点〔GIIクラス〕

騎手:福永 厩舎:(美)鹿戸  

生産:ノーザンファーム

馬主:東京ホースレーシング

父:ディープインパクト

母:レッドファンタジア(Unbridled's Song)

 スタートはあまり速くはなく、中団馬群の後ろを追走。走り自体は前向きだが、折り合いに問題はなく、素直に大外一気の競馬を選択し、馬群から抜けてきた2着馬との叩き合いをハナ差で制した。3着には6馬身差をつけており、ラスト2Fも11秒2−11秒1と優秀。負かした2着のエルディアマンテは母ディアデラノビア、全姉ディアデラマドレともにエリザベス女王杯3着という良血馬。ハイレベルな一戦だったことは間違いなく、来春が一気に楽しみになった。

馬体診断

 パドックでもウルサイ面を見せていたが、「返し馬ではもっとテンションが上がった」と鞍上が話していたように、気性面の成長は今後の課題になる。ただ、初戦を見る限り、まだマイナスには作用してはいない。馬体はトモのボリュームが良く、各部のパーツもしっかりと出来上がっており、パワフルさも感じさせる。それでいて脚捌きの軽さ、柔軟性があるのはやはりこの父の産駒らしさだろう。折り合いさえクリアすれば距離延長もこなせる馬体。

血統診断

 母は未勝利に終わったが、新馬戦でコパノリチャード(高松宮記念)、エールブリーズ(GIII・3着)、オースミナイン(GIII・2着)に続く4着(上がり3Fは最速)と素質はあった。父ディープインパクトと母父Unbridled's Songの組合せではダノンプラチナ(朝日杯FS)が出ており、本馬の母母父にはストームキャットも名を連ねている。ややパワー寄りな母系の構成だが相性の良さは証明済み。血統面から言えば2000m位まではこなせるだろう。

馬券の狙い目→順調に行けば桜花賞戦線を始め、牝馬クラシック戦線を賑わせそう。気性面さえ成長すれば期待は膨らむ。


引用元:この記事を読む

プロのレースの買い目予想

今週末のレースの予想は今すぐこちらで確認。無料で買い目が見れます。買い目の参考に。

プロの買い目を見てみる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。