シングウィズジョイが登録抹消…アメリカJCCで予後不良

 JRAは25日、2015年フローラSを制したシングウィズジョイ(牝5歳、栗東・友道康夫厩舎)が22日付で競走馬登録を抹消したと発表した。

 同馬は父マンハッタンカフェ、母シングライクバード(父シンボリクリスエス)で、14年7月にデビュー。15年4月のフローラSで重賞初制覇を飾った。16年のエリザベス女王杯で2着に好走したが、今月22日のアメリカJCCのレース中に転倒。左上腕骨を骨折し、予後不良となった。通算成績は16戦4勝。


引用元:この記事を読む

プロのレースの買い目予想

今週末のレースの予想は今すぐこちらで確認。無料で買い目が見れます。買い目の参考に。

プロの買い目を見てみる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。