キタサンブラック有終なるか=24日に有馬記念-競馬

 年末恒例の中央競馬のGIレース、第62回有馬記念は24日、中山競馬場の芝2500メートルコースに16頭が出走して行われる。最大の注目は、このレースを最後に引退するキタサンブラックの走りだ。

 キタサンブラックは2年連続でファン投票1位に選出された。ラストランで中央競馬最多に並ぶGI7勝目を狙う。勝てばテイエムオペラオーの18億3518万9000円を抜き、歴代最多賞金にもなる。
 前走のジャパンカップは蹄鉄(ていてつ)が外れた影響もあってか、直線で伸びを欠いて3着だったが、優勝したシュヴァルグランとはわずか0秒2差で地力は示した。手綱を取る武豊騎手は、有馬記念が引退レースとなった1990年のオグリキャップ、2006年のディープインパクトを有終の美に導いている。
 シュヴァルグランのほか、3歳馬のスワーヴリチャードも手ごわい存在。日本ダービー2着後、11月のアルゼンチン共和国杯で優勝。4歳以上の牡馬より負担重量が2キロ軽い有利も生かしたい。
 昨年の香港ヴァーズと今年の宝塚記念を勝ったサトノクラウンは、ジャパンカップ10着からの巻き返しを期す。15年にオークスと秋華賞を制したミッキークイーンや、昨年のエリザベス女王杯優勝のクイーンズリング、牡馬相手で好走が目立つルージュバックなどの牝馬もチャンスをうかがう。(2017/12/21-19:22)

【スポーツ総合記事一覧へ】【アクセスランキング】


引用元:この記事を読む

プロのレースの買い目予想

今週末のレースの予想は今すぐこちらで確認。無料で買い目が見れます。買い目の参考に。

プロの買い目を見てみる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。