オークス馬ミッキークイーン引退 ノーザンファームで繁殖馬に

ミッキークイーンが引退、繁殖へ(撮影:下野雄規)

ミッキークイーンが引退、繁殖へ(撮影:下野雄規)

 2015年のオークス(GI)など重賞3勝を挙げたミッキークイーン(牝6、栗東・池江泰寿厩舎)が、31日付で競走馬登録を抹消した。31日、JRAが発表した。今後は北海道勇払郡安平町のノーザンファームで繁殖馬となる予定。

 ミッキークイーンは、父ディープインパクト、母ミュージカルウェイ、その父Gold Awayという血統。2015年のオークスと秋華賞のGI・2勝のほか、2017年阪神牝馬Sなど重賞を3勝。通算成績は17戦5勝。12月24日の有馬記念(GI、11着)が最後のレースとなった。


引用元:この記事を読む

プロのレースの買い目予想

今週末のレースの予想は今すぐこちらで確認。無料で買い目が見れます。買い目の参考に。

プロの買い目を見てみる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。