エリザベス女王杯は「お前が?」と驚く4頭が勝利の美酒を運んでくる

 11月12日に行なわれるGIエリザベス女王杯(京都・芝2200m)。今年は例年にも増して、豪華なメンバーがそろった。

 昨年のGI秋華賞(京都・芝2000m)の勝ち馬で、今春には海外GIのドバイターフ(3月25日/UAE・芝1800m)をも制したヴィブロス(牝4歳)をはじめ、一昨年のGIオークス(東京・芝2400m)と秋華賞の二冠を遂げたミッキークイーン(牝5歳)、今年の秋華賞(10月15日)を勝ったディアドラ(牝3歳)、さらに悲願のGI制覇が期待される古豪スマートレイアー(牝7歳)など、各世代のトップホースが集結。「女王決定戦」にふさわしいハイレベルな戦いが見られそうだ。

 どの馬が1番人気になるかさえも予想がつかない、まさに大激戦。ゆえに今年は、上位人気同士の組み合わせでも、それなりにオイシイ配当が望めるだろう。が、それほど熾烈な争いならば、狙うべきはさらなる高配当ではないか。女王の座を巡って積極的なレースを仕掛ける有力馬の間隙を縫って、馬券圏内に突っ込んでくる「穴馬」をここでは狙っていきたい。

 そこで今回も、過去10年の結果を参考にして、波乱を起こした馬をピックアップ。同様のパターンにはまる伏兵馬を探していきたい。

 まず取り上げたいのは、2012年に頂点に立ったレインボーダリア。同馬は、前々走のGIIIクイーンS(札幌・芝1800m)、前走のGII府中牝馬S(東京・芝1800m)と、ともに4着と健闘しながら、さらにメンバーの厚みが増すGIの舞台で7番人気の低評価に甘んじた。しかし、レースではその評価を覆(くつがえ)し、好走を続けてきた強みを生かして戴冠を果たした。


引用元:この記事を読む

プロのレースの買い目予想

今週末のレースの予想は今すぐこちらで確認。無料で買い目が見れます。買い目の参考に。

プロの買い目を見てみる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。