エリザベス女王杯「サイン」は高畑充希と武豊の「女難の相」が激熱!? 殺人タックル、不倫疑惑、落馬負傷の …

エリザベス女王杯「サイン」は高畑充希と武豊の「女難の相」が激熱!? 殺人タックル、不倫疑惑、落馬負傷のトドメが......の画像1

 12日に京都競馬場で開催されるエリザベス女王杯(G1)は、3世代の秋華賞馬が顔を揃えるなど、例年よりも見応えのあるメンバーが揃った。

 単純に騎手の勢いだけで言えば、G1で8戦連続3着以内中のM.デムーロ騎手、そして桜花賞こそ3着だったものの、ヴィクトリアマイル、オークス、そして秋華賞と牝馬限定G1を3連勝中のC.ルメール騎手の「デムルメ」コンビを軸にしておけば、今回も間違いないのかもしれない。

 しかし、競馬というものはマスコミがそういった報道を始めた途端、裏目に出るのが常である。終わってみれば、2人そろって馬券圏外という波乱の決着もあるかもしれない。何より今年はメンバーが揃った感のあるハイレベルな大混戦。ならば、ここは「サイン馬券」でしっかりと高配当をゲットしておきたい。

 ちなみに今さらだが、当初のエリザベス女王杯は武豊騎手のスマートレイアーに強烈なサインが出ていた。

 JRAによる今年のエリザベス女王杯のヘッドラインは『品格が伝統を築き艶やかな女王の歴史を紡ぐ。』である。これを知ってか知らずか武豊騎手は先日、自らが連載する『日刊大衆』のコラムで、スマートレイアーで京都大賞典を勝った際「今年の秋を武豊一色にする」と高らかに宣言。ヘッドラインの「艶やかな女王」は、まさに「豊色の女王杯」と取ることができる。スマートレイアーにとっては、この上ないサイン要素だった。

 しかし、あろうことか武豊騎手は今週の調教で落馬負傷。エリザベス女王杯を含む、今週の競馬には参加しないことが発表されている。武豊騎手が乗らないのであれば「豊色の女王杯」のサインも効力を失ってしまったということだ。

 となると注目は、やはりエリザベス女王杯のプレゼンターとなる高畑充希か。


引用元:この記事を読む

プロのレースの買い目予想

今週末のレースの予想は今すぐこちらで確認。無料で買い目が見れます。買い目の参考に。

プロの買い目を見てみる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。