【香港国際競走】スマートレイアー国内最終追い切り 余力たっぷり好時計

坂路で追い切るスマートレイアー
Photo By スポニチ

 香港国際競走(12月10日、シャティン)出走組の先陣を切ってスマートレイアー(牝7=大久保龍)が28日、栗東坂路コースで国内最終追い切り。4F51秒1〜1F12秒7の好時計を余力たっぷりに刻んだ。

 大久保師は「今日は全体的に大きめ程度。間隔が詰まっているなかでこれだけやれる。順調です」と目を細める。前走のエリザベス女王杯は前残りの展開に泣き6着。「脚を余して負けた。目一杯の競馬じゃなかったので気力も体力も残している」と話す。

 香港国際競走挑戦は2年連続。昨年は芝12F戦の香港ヴァーズに挑み5着。今年は芝10F戦の香港カップに選出された。「去年はヴァーズにしか出走できなかった。本当に力を出せるのは2000メートル」と指揮官は意気込む。明日30日に関西国際空港から出国する予定だ。


引用元:この記事を読む

プロのレースの買い目予想

今週末のレースの予想は今すぐこちらで確認。無料で買い目が見れます。買い目の参考に。

プロの買い目を見てみる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。