【東京2歳未勝利】良血馬ローザフェリーチェが快勝 シュミノー騎手「伸びしろは大きい馬」

 12日の東京4R・2歳未勝利(芝1800メートル=9頭立て)は、母が名牝ローズバドで、半兄が2010年ジャパンCを制したローズキングダムの良血馬ローザフェリーチェ(牝2歳、美浦・木村哲也厩舎、父エンパイアメーカー)がキャリア2戦目で初勝利を挙げた。勝ちタイムは1分51秒9。

 スローペースのなか、道中は中団の5番手。直線で外に持ち出されると、フラフラする若さを見せながらも、最後はしっかりと脚を伸ばして差し切った。

 手綱を執ったシュミノー騎手が「周囲を気にする怖がりな気性ですが、道中も直線もどこからでも瞬時に動ける脚を持っています。直線で内に切れ込み、内の騎手が出した声に驚き、また伸びたくらい。気性の課題はありますが、伸びしろは大きい馬です」と将来性を強調した。

 母はオークス、秋華賞、エリザベス女王杯で2着3回。あと一歩届かなかった悲願達成へ、最初の一歩を踏み出した。


引用元:この記事を読む

プロのレースの買い目予想

今週末のレースの予想は今すぐこちらで確認。無料で買い目が見れます。買い目の参考に。

プロの買い目を見てみる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。