【東京新聞杯】サトノアレス、馬なり13秒1!

サトノアレス=美浦トレーニングセンター(撮影・塩浦孝明)

サトノアレス=美浦トレーニングセンター(撮影・塩浦孝明)【拡大】

 《美浦》キャピタルS2着のサトノアレス(藤沢和、牡4)はWコース5ハロン69秒3-13秒1を馬なりでマーク。「動きはいいね。来週も単走でやる予定。前走は(直線で)少し余裕を見せたぶんやられたので改めて」と藤沢和調教師。

 《栗東》府中牝馬S3着以来、4カ月ぶりになるアドマイヤリード(須貝、牝5)は、坂路で4ハロン51秒2。北村助手は「(休養理由の)目の外傷の方はもう大丈夫です。いい動きをしていますよ」と好感触。

 エリザベス女王杯8着以来のリスグラシュー(矢作、牝4)は、4ハロン52秒2-12秒9で登坂。「いい休みが取れて体は30キロくらい増えているよ。マイルは少し忙しい気はするけど、対応できると思う」と北口助手は期待する。

 京都金杯2着のクルーガー(高野、牡6)は、坂路でラスト1ハロン12秒1(4ハロン51秒3)とシャープな伸び。「変わりない状態にありますよ」と高野調教師はレースを楽しみにしている。

★サトノアレスの競走成績はこちら


引用元:この記事を読む

プロのレースの買い目予想

今週末のレースの予想は今すぐこちらで確認。無料で買い目が見れます。買い目の参考に。

プロの買い目を見てみる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。