【東京新聞杯】アドマイヤリード、ダノンプラチナ、リスグラシューほか豪華メンバー!

【東京新聞杯】アドマイヤリード、ダノンプラチナ、リスグラシューほか豪華メンバー!

アドマイヤリード

年明け初戦を迎えるアドマイヤリード

2月4日(日)、東京競馬場で行われる第68回 東京新聞杯(G3) (4歳上 国際 別定 芝1600m)の登録馬が発表された。

東京新聞杯のネット新聞・登録馬詳細データはコチラ⇒

古くはトロットサンダー、キングヘイロー、アドマイヤコジーンらが制した、冬の東京伝統のマイル戦。ここ3年はスローペースの競馬が続き、長い直線で末脚を発揮する馬だけでなく、好位で器用に立ち回る馬もよく3着以内に入るようになっている。以前は関東馬が強い重賞だったが、近年は関西馬優位のレースが続いている。

この舞台でヴィクトリアマイル(G1)を制したアドマイヤリード(牝5、栗東・須貝尚厩舎)が年明け初戦を迎える。前走の府中牝馬Sはスローペースにハマり3着。2走前のクイーンSは小回りの札幌に対応しきれず6着に終わった。ここ2走の敗因は明確だけに、巻き返しが期待できそうだ。小柄な割に休み明けの成績は物足りないものの、実績を考えればここは勝ち負け必至だろう。C.ルメール騎手が騎乗停止のため、藤岡康太騎手とコンビを組む。

慢性的な蹄の不安を克服しつつあるダノンプラチナ(牡6、美浦・国枝厩舎)は、得意の舞台で2年ぶりの重賞制覇を狙う。前走のニューイヤーSは格の違いを見せる完勝。陣営はレース後に物足りなさも口にしたが、この馬への高い期待の裏返しでもある。安田記念に向けて、ここで勢いをつけておきたい。

昨年の牝馬クラシックを沸かせたリスグラシュー(牝4、栗東・矢作厩舎)が4歳緒戦としてこのレースを選んできた。オークス5着、エリザベス女王杯8着と、長い距離ではどうしても選択肢が少なくなる馬なのかもしれない。マイルは(1.3.1.0)と崩れていないだけに、距離短縮で再評価したいところだ。

好時計だった昨秋のキャピタルSでワンツーを決めたダイワキャグニー(牡4、美浦・菊沢厩舎)、サトノアレス(牡4、美浦・藤沢和厩舎)の4歳馬コンビ、前走京都金杯で2着のクルーガー(牡6、栗東・高野厩舎)、大器グレーターロンドン(牡6、美浦・大竹厩舎)と近年最高レベルのメンバーが揃った。登録馬と想定騎手は以下の通り。

アドマイヤリード 54 藤岡康
カデナ 56 福永
ガリバルディ 57 三浦
クルーガー 56 浜中
グレーターロンドン 56 川田

サトノアレス 57 柴山
ストーミーシー 56 大野
タガノブルグ 56 ○○
ダイワキャグニー 56 横山典
ダノンプラチナ 56 田辺

ディバインコード 56 北村宏
デンコウアンジュ 54 蛯名
トウショウピスト 56 田中勝
ハクサンルドルフ 56 戸崎
ベルキャニオン 56 石橋脩

マイネルアウラート 57 柴田大
リスグラシュー 55 武豊

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。

みんなの情報掲示板topics bbs

最新情報や応援コメントなど役立つ情報の書き込みをお待ちしています!

書き込み0

  • この記事に関する投稿はありません。

関連記事Related post


  • すべて
  • レース
  • 地方・海外
  • トレセン
  • レポート
  • GⅠ
  • イベント・他

引用元:この記事を読む

プロのレースの買い目予想

今週末のレースの予想は今すぐこちらで確認。無料で買い目が見れます。買い目の参考に。

プロの買い目を見てみる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。