【有馬記念展望】JC勝ちキタサンブラック、昨年Vゴールドアクター、3歳サトノダイヤモンドが有力…カギ …

 2016年のラストを飾るJRA・G1は12月25日、中山競馬場で暮れのグランプリ、第61回有馬記念(芝2500メートル)。

 前走のジャパンCを余裕十分に逃げ切ったキタサンブラック(牡4歳、栗東・清水久詞厩舎)が絶対的な中心馬になろう。秋初戦の京都大賞典を2番手から抜け出し、1番人気の支持を受けた前走は、名手武豊がつくった絶妙のペースで後続に影も踏まさず、2着に2馬身半差をつけた。迫力ある先行力とラストの粘りは他の追随を許さず、さらにスケールアップしている印象を受ける。昨年のこのレースで3着、皐月賞3着、スプリングS1着の中山の舞台は、この馬に絶好。時に大波乱が起きるレースだが、この馬の死角は限りなく少ない。

 昨年の覇者ゴールドアクター(牡5歳、美浦・中川公成厩舎)の巻き返しに警戒が必要だ。58キロを背負ったオールカマーを好位から抜け出して、秋は上々の滑り出しだったが、3番手から運んだ前走のジャパンCは、直線で伸び切れず4着に敗れた。馬体重はプラス8キロ(秋初戦のオールカマーも6キロ増だった)で,デビュー以来最も重い504キロ。鞍上の吉田隼が「モコモコしていた」と話したように、太め残りだった可能性がある。大一番に向けて、万全の仕上がりで連覇を狙う。

 3歳馬サトノダイヤモンド(牡3歳、栗東・池江泰寿厩舎)は、一気の天下統一をもくろむ。皐月賞(3着)、日本ダービー(2着)と、3歳牡馬クラシック戦線で勝ち切れずにいたが、今秋は完全に本格化した印象。神戸新聞杯を勝ち、3冠最終戦・菊花賞は2着に2馬身半差をつける完勝劇だった。日本ダービーを制し、今年の凱旋門賞(14着)に挑んだマカヒキを超えるインパクトを残し、世代NO1をアピールするには絶好の機会だ。

 昨年のレースで2着のサウンズオブアース(牡5歳、栗東・藤岡健一厩舎)も侮れない。前走のジャパンC2着で、菊花賞を含めて3個目のシルバーメダルを手にした。トータルでも重賞2着が7度ある堅実派。悲願のG1制覇に期待が集まる。

 姉ヴィルシーナ(ヴィクトリアM連覇)、妹ヴィブロス(秋華賞)がともにG1を制しているシュヴァルグラン(牡4歳、栗東・友道康夫厩舎)は、大きな舞台で戦える力を蓄えてきた。春の宝塚記念で9着のあと、10月のアルゼンチン共和国杯をトップハンデ58キロを背負って勝利。続くジャパンCも小差の3着と完全に充実期に突入した。勢いを武器に、G1ホルダーに立ち向かう。

 3頭が登録している牝馬では、やはりG1・2勝のマリアライトが筆頭格。連覇を狙った前走のエリザベス女王杯は、1コーナーの不利が痛かったが、スムーズな運びなら違うはず。デビューから数えて20戦目のラストランに挑む。

 デビューから17戦、一度もハナを譲ったことがないマルターズアポジー(牡4歳、美浦・堀井雅広厩舎)がレースのカギを握る。前走の福島記念を逃げ切り、最近の充実ぶりも顕著。この馬の出方に注目だ。

 そのほかにも天皇賞・秋(6着)からの参戦になるアドマイヤデウス(牡5歳、栗東・橋田満厩舎)、秋初戦のエリザベス女王杯は3着だったミッキークイーン(牝4歳、栗東・池江泰寿厩舎)、安定感あるサトノノブレス(牡6歳、栗東・池江泰寿厩舎)など、波乱含みの一戦にふさわしい伏兵陣がラインアップしている。(大上 賢一郎)


引用元:この記事を読む

プロのレースの買い目予想

今週末のレースの予想は今すぐこちらで確認。無料で買い目が見れます。買い目の参考に。

プロの買い目を見てみる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。