【有馬記念】ルージュバック牡馬相手に燃える 牡馬混合重賞4勝

 「有馬記念・G1」(24日、中山)

 奮起する何かがあるのだろう。ルージュバックはこれまで15年きさらぎ賞、16年エプソムC、毎日王冠、17年オールカマーと重賞4勝をマーク。これらに共通するのは牡馬混合重賞であること。牝馬同士ではひと息の成績だが、牡馬が相手になると燃える。その点から前走のエリザベス女王杯は9着に敗れたものの、今回は侮れない。

 この中間の調整過程について、大竹師は「エリザベス女王杯は状態が良かったし、今回はそれを整えるイメージで調整している」と説明する。有馬記念は3歳時の15年に参戦して10着。「古馬になって落ち着きが出て力も付けている。当時とは違った結果を期待したい」と成長ぶりをアピールし、躍進を願った。

提供:デイリースポーツ


引用元:この記事を読む

プロのレースの買い目予想

今週末のレースの予想は今すぐこちらで確認。無料で買い目が見れます。買い目の参考に。

プロの買い目を見てみる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。