【有馬記念】ルージュバックと再タッグの北村宏「良いチャンスをもらいました」

ルージュバック

有馬記念に向けて追い切りを行うルージュバック

20日、有馬記念(G1)の追い切りが美浦トレセンで行われた。

前走、エリザベス女王杯で9着だったルージュバック(牝5、美浦・大竹厩舎)は、助手を背に南ウッドチップコースで追われ、5F67.5-52.4-37.9-12.5秒をマークした。

【大竹正博調教師のコメント】
「最終追い切りはテンのスピードを求めるように促して、半マイル辺りでガマンがきくか、あとは3分3厘辺りと直線での反応を見る、などいろいろなテーマがありましたが、イメージ通りの追い切りが出来ました。若い頃は抜け出してもソラを使うところがありませんでしたが、さすがに古馬らしくなって抜くところは抜くようになっているものの、鞍上の指示には従いますし良い内容でした。

前走後はダメージがあるかと思っていましたが、帰ってきた後の体重も落ちていませんし、前走を叩いて更にパワーアップしたかという印象です。前走は前に取りついて競馬をしようという作戦でしたが、今回は初めてゲートの後ろ扉を蹴っているシーンがありましたし、駐立状態が良くなかったのか思いのほかスタートが良くなくて後ろからになりました。スローペースになりましたし、展開も厳しくなりましたね。先週まで駐立の練習は複数回やって確認しましたが、練習では問題ありません。

オールカマーを勝ちましたがあれは外回りコースでしたし、中山の内回りはトリッキーな印象を持っているので、何とも言えません。私たちが、苦にするのではないかと考えると馬に伝わりますし、中山内回りについては考えないようにします。北村宏司騎手はこれまで1回しか乗っていませんが、そこで結果を出してくれましたし馬の感触は掴んでいると思うので、良い結果に導いてくれるのではないかと思っています。

枠順にも左右される競馬なので、どういう競馬をするかは枠順が出てから考えたいです。マスコミの皆さんは内が良いだろうと思われるでしょうが、僕も一緒です。毎回この共同会見でG1タイトルを取りたいと話していますが、5歳の暮れまでタイトルを取れずにきています。馬は良い状態できていますし、それが反映されれば良い結果が出るのではないかと思っています」

【北村宏司騎手のコメント】
「オールカマーのパドックで乗るのが初めてでしたが、調教を見ていることは多かったので、素直で良い馬だなという印象を持っていました。返し馬もスムーズに行けましたし、競馬でも結果を出せて良かったなと思いました。イメージ通りだった部分と、こういう感じなんだなと発見した部分といろいろありました。

この中間は調教師や調教助手さんと会話をする機会はあって、馬の様子は聞いています。前走は乗っていませんが、自分で乗ったときはすごく乗りやすかったので、力を出せれば良いなと思っています。今回はメンバーも違いますし、馬場状態や枠順などこれからいろいろ決まってくるので、その辺りはこれから考えながらいきたいなと思います。中山の2500は色々な要素が絡んでくる条件だと思います。要素はたくさんありますが、特に有馬記念は力のある馬同士でスタート地点も枠順の差があったり、お互いいろいろな考えを持ってレースを進めると思うので、そういうせめぎ合いが多い条件なのかなと思っています。

馬のコンディションは順調にきていると先週も聞いていますし、そこはスタッフに任せているので、とにかくスムーズに運べるかどうかだと思っています。有馬記念は盛り上がりもすごいですし、その舞台で乗せてもらえるのは本当に楽しみにしています。良いチャンスをもらいましたので、力を発揮できるよう、良い競馬が出来るように乗りたいと思います」


引用元:この記事を読む

プロのレースの買い目予想

今週末のレースの予想は今すぐこちらで確認。無料で買い目が見れます。買い目の参考に。

プロの買い目を見てみる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。