【有馬記念】マリアライト「昨年のエ女王杯を勝った時と遜色ないデキにある」

【有馬記念】マリアライト「昨年のエ女王杯を勝った時と遜色ないデキにある」

有終の美へ向け、細心の注意を払う調整が続くマリアライト

【有馬記念(日曜=25日、中山芝内2500メートル)聞かせて!核心】上半期の最強馬決定戦・宝塚記念ではドゥラメンテ、キタサンブラックなど、強豪牡馬勢を一蹴して頂点に立ったマリアライト。前走のエリザベス女王杯では連覇こそ逃したが、GI・2勝の実績はこのメンバーに入ってもトップクラスだ。再び最強馬決定戦に挑む陣営の手応えは? 調教役の池内一貴助手を直撃した。

 ――エリザベス女王杯は1番人気に支持されながら6着に敗れた

 池内助手:1コーナーでの不利がすべて。あそこで完全にリズムを崩した。道中の流れも向かなかったし、勝負どころでは外を回る形に…。いろいろとかみ合わなかった。

 ――中間の調教過程は

 池内助手:レース後はノーザンファーム天栄に放牧。大きなダメージはなかったので、帰厩後は順調に調整を進めている。

 ――前走と比べて気配は

 池内助手:さっきも言ったようにエリザベス女王杯は不利が重なって連覇を逃しただけ。(前走から)メンコを外すことで、馬の雰囲気はいい方に変わっていたし、調整の方向性に間違いはなかった。昨年の女王杯を勝った時と遜色ないデキにあるし、今はそれをキープする形で調整している。

 ――1週前(14日)は南ウッドで6ハロン85・7―12・6秒で先着

 池内助手:時計どうのより、僚馬を追いかけながらリズム良く運ぶことがテーマだった。数字以上にしっかりと負荷をかけられて、いい追い切りができたと思う。

 ――昨年は大外16番枠から積極的な競馬で0秒1差4着

 池内助手:昨年の内容からも(強豪牡馬相手でも)勝てる力は持っている。実際、宝塚記念は勝っているわけだからね。

 ――改めて意気込みを

 池内助手:とにかくマリアライトの力を出し切るレースをさせたい。今回がラストランなので、悔いが残らないよう、万全の仕上げで臨むために全力を尽くすよ。


引用元:この記事を読む

プロのレースの買い目予想

今週末のレースの予想は今すぐこちらで確認。無料で買い目が見れます。買い目の参考に。

プロの買い目を見てみる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。