【有馬記念】マリアライト、ラストランでのGP連覇へ蛯名「総決算」

 有馬記念(25日、中山)で、今年の宝塚記念を制したマリアライトが復権を狙っている。グランプリホースの手綱を執る蛯名正義騎手(47)=美浦・フリー=に、暮れの大一番に懸ける思い、意気込みなどを聞いた。

 ―マリアライトはこの秋、オールカマー(5着)から始動しました。エリザベス女王杯(6着)を経て、有馬記念に出走するのは昨年と同じローテーションです。

 「今年のオールカマーは少し体に余裕をもたせていた感じ(プラス2キロの440キロ)がしたけど、前走は体も絞れていた(マイナス8キロの432キロ)。昨年はマーメイドS(2着)を使ってから休養。今年はタフな宝塚記念(1着)を使ったから、しっかり休む期間は短かったのかも。ただでさえ暑くて厳しい時期に、あのドゥラメンテを負かして、ヘロヘロになるまで走っていたんだから。気持ちで頑張って走るタイプだけにきつかったんだと思う。そういう経緯もあって、万全にステップレースを踏めた昨年の秋より状態の上がりがスローだったと思う」

 ―秋2戦目のエリザベス女王杯では連覇がかかっていましたが、最初のコーナーで不利。6着に敗れました。

 「序盤でいい位置につけられたのに、最初のコーナーで不利を受けて後ろまで下がってしまった。自分の競馬をしていないけど、あれでも最後は伸びてきているので残念だった。不幸中の幸いだったのかもしれないが、走らせてもらえなかったので、3戦目(の有馬記念)で良くなる余地を残している。(前走は)走り切っていないし、脚を余している。これが有馬記念に向けて、逆にいい方向に向くかもしれない。(前走で)スゲー良くなったと言えるところまでは来ていなかったから」

 ―この馬のセールスポイントをどう見ていますか。

 「一生懸命に走るタイプでうまく自分の力を堅実に出すことができる。若い時に無理して使ってこなかったので、古馬になっても我慢が利いているんだと思う。それに、この馬は折り合い面をあまり心配しなくていい。昔はカッとなるところがあったけど、今はおとなしくなった。当時は体力もなかったから、ちょっとしたことでカッとなりやすかったんだと思う。馬に余裕が出てきて、プレッシャーにも耐えられるようになった」

 ―昨年の有馬記念は大外の16番枠から4着。勝ったゴールドアクターから0秒1差でした。

 「外枠からかなりうまく乗れたので、勝ててもおかしくはなかったと思っている。自分から負かしにいく競馬だったけど、結果的に枠順が厳しかった」

 ―同一年の春秋グランプリ制覇は09年のドリームジャーニー以来となります。

 「宝塚記念を勝ったことで、いろんな意味で景色が変わり、求めるものも大きくなったと思う。あのドゥラメンテを倒したことだけでも大変なことだけど、(グランプリ)連覇はあまり意識していない。馬場や枠順もあるし、与えられたレースを頑張るだけ。今年のメンバーは強いし、3歳世代も手ごわいと思っている。ただ、このレースで引退なので、全力でいい競馬をしたいと思っている」

 ―今年はクリスマス開催。馬名の「マリア」は主役にぴったりです。

 「クリスマスと言えば、マリア様と連想するかもしれないけど、それを言うなら今年の漢字は「金」だっていうから、ゴールド(アクター)じゃないの(笑い)。ただ、有馬記念はみんなにとって特別なレースで、一年の総決算。何とかいい結果に導きたいと思っている」(聞き手・牧野 博光)

 ◆蛯名 正義(えびな・まさよし)1969年3月19日、北海道生まれ。47歳。美浦・フリー。87年3月、美浦・矢野進厩舎からデビュー。重賞125勝を含むJRA通算2452勝。GI勝利は96年天皇賞・秋(バブルガムフェロー)や98年ジャパンC(エルコンドルパサー)、07年有馬記念(マツリダゴッホ)など26勝。162センチ、50キロ。血液型A。


引用元:この記事を読む

プロのレースの買い目予想

今週末のレースの予想は今すぐこちらで確認。無料で買い目が見れます。買い目の参考に。

プロの買い目を見てみる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。