【御陵S】(京都) マイネルバサラが直線突き抜ける

京都10Rの御陵ステークス(3歳以上1600万下ハンデ、ダート1800m)は7番人気マイネルバサラ(柴田大知騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分50秒1(不良)。2馬身1/2差2着に6番人気イーストオブザサン、さらにアタマ差で3着に3番人気ヒロブレイブが入った。

マイネルバサラは美浦・松山将樹厩舎の4歳牡馬で、父シニスターミニスター、母サザンレイスター(母の父サザンヘイロー)。通算成績は19戦5勝。

〜レース後のコメント〜
1着 マイネルバサラ(柴田大知騎手)
「休み明け3戦目で馬の具合も良く、走り頃でした。砂を被ると嫌がるのですが、これだけ水の浮く馬場も良かったと思います。降級馬ですからね。その力を見せてくれました」

3着 ヒロブレイブ(四位騎手)
「テンについて行けないと聞いていました。3コーナーからエンジンが掛かるといい脚を使ってくれました。展開に左右されるところもありますが、このクラスでは上位の力を持っています」

4着 カフェリュウジン(森裕太朗騎手)
「前が速く、こういう馬場も良かったです。最後もしぶとく脚を使ってくれました。条件が揃えばいいレースが出来ると思います」

ラジオNIKKEI


引用元:この記事を読む

プロのレースの買い目予想

今週末のレースの予想は今すぐこちらで確認。無料で買い目が見れます。買い目の参考に。

プロの買い目を見てみる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。