【府中牝馬S】ヴィブロスは1枠1番、アドマイヤリードは5枠7番に決定!

【府中牝馬S】ヴィブロスは1枠1番、アドマイヤリードは5枠7番に決定!

ヴィブロス

復帰戦を迎えるヴィブロス

10月14日(日)、4回東京4日目11Rで行われる第65回 府中牝馬ステークス(G2)(3歳以上 牝 国際 指定 別定 芝1800m)の枠順が確定した。

府中牝馬Sの枠順&出走馬データ、過去10年一覧はコチラ⇒

秋の本番を見据え、G1馬が多く名を連ねる一戦。今年も好メンバーが揃った。

3月にドバイターフを制して以来、約半年ぶりの実戦となるヴィブロス(牝4、栗東・友道厩舎)は最内1枠1番に入った。前走は世界の強豪相手に自慢の末脚を見せ、秋華賞に続く2つ目のG1制覇。放牧に出されてからも早々に秋の始動戦を府中牝馬Sを定めて調整されてきた。小柄な牝馬だが関東への輸送は3度経験しており、不安はないだろう。

初重賞制覇をG1のヴィクトリアマイルで飾ったアドマイヤリード(牝4、栗東・須貝尚厩舎)は、5枠7番に決まった。前走のクイーンSはコーナー4つの小回り1800mの競馬で8枠12番を引き、後方から追い上げるも6着。初体験の条件が重なって力を発揮できなかった。東京コースに戻って巻き返しを図る。

昨年の覇者・クイーンズリング(牝5、栗東・吉村厩舎)は、3枠4番から昨年(2016年)のエリザベス女王杯以来の勝利を目指す。今年はマイル戦を使われてきたが、秋華賞2着など1800m以上で結果を出してきた馬。得意の舞台で連覇の可能性は十分だ。

ヴィクトリアマイル2着のデンコウアンジュ(牝4、栗東・荒川厩舎)は3枠3番、クイーンS2着のトーセンビクトリー(牝5、栗東・角居厩舎)は4枠5番、重賞で5戦連続3着以内のクインズミラーグロ(牝5、美浦・和田道厩舎)は6枠10番から一発を狙う。

条件戦を連勝してきた6枠9番キンショーユキヒメ(牝4、栗東・中村厩舎)、7枠12番ワンブレスアウェイ(牝4、美浦・古賀慎厩舎)の勢いも侮れない。府中牝馬Sの発走は15時45分。枠順は以下の通り。

枠-馬番 馬名 斤量
(性齢、所属・調教師、騎手)の順に表記

1-1 ヴィブロス 56
(牝4、栗東・友道、C.ルメール)

2-2 ハッピーユニバンス 54
(牝5、栗東・平田、津村)

3-3 デンコウアンジュ 54
(牝4、栗東・荒川、蛯名)

3-4 クイーンズリング 56
(牝5、栗東・吉村、M.デムーロ)

4-5 トーセンビクトリー 54
(牝5、栗東・角居、福永)

4-6 ゲッカコウ 54
(牝4、美浦・高橋博、柴田大)

5-7 アドマイヤリード 56
(牝4、栗東・須貝尚、戸崎)

5-8 ロッカフラベイビー 54
(牝5、美浦・鹿戸雄、三浦)

6-9 キンショーユキヒメ 54
(牝4、栗東・中村、内田博)

6-10 クインズミラーグロ 54
(牝5、美浦・和田道、武豊)

7-11 クロコスミア 54
(牝4、栗東・西浦、岩田)

7-12 ワンブレスアウェイ 54
(牝4、美浦・古賀慎、田辺)

8-13 アスカビレン 54
(牝5、栗東・中尾秀、松田)

8-14 バンゴール 54
(牝5、美浦・尾関、柴山)

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。

みんなの情報掲示板topics bbs

最新情報や応援コメントなど役立つ情報の書き込みをお待ちしています!

書き込み0

  • この記事に関する投稿はありません。

関連記事Related post


  • すべて
  • レース
  • 地方・海外
  • トレセン
  • レポート
  • GⅠ
  • イベント・他

引用元:この記事を読む

プロのレースの買い目予想

今週末のレースの予想は今すぐこちらで確認。無料で買い目が見れます。買い目の参考に。

プロの買い目を見てみる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。