【古馬次走報】タンタアレグリア、ジャパンC目指す

 ★産経賞オールカマーを制したルージュバック(美・大竹、牝5)のエリザベス女王杯(11月12日、京都、GI、芝2200メートル)での騎手は未定。3着タンタアレグリア(美・国枝、牡5)はジャパンC(同26日、東京、GI、芝2400メートル)を目指す。5着ショウナンバッハ(美・上原、牡6)は福島記念(同12日、福島、GIII、芝2000メートル)へ。

 ★オールカマー6着ディサイファ(美・小島太、牡8)は毎日王冠(10月8日、東京、GII、芝1800メートル)が選択肢のひとつ。12着ツクバアズマオー(美・尾形充、牡6)はブラジルC(同22日、東京、OP、ダ2100メートル)が視野に。16着トルークマクト(美・尾関、牡7)はオクトーバーS(同15日、東京、OP、芝2000メートル)などが候補。

 ★神戸新聞杯2着キセキ(栗・角居、牡3)は菊花賞(10月22日、京都、GI、芝3000メートル)が視野に。9着カデナ(栗・中竹、牡3)は菊花賞出走は賞金面で可能だが、「距離に限界があるみたいなので、天皇賞・秋(同29日、東京、GI、芝2000メートル)も考えています」と中竹調教師。

 ★新潟記念2着アストラエンブレム(美・小島茂、牡4)は戸崎騎手と新コンビを組んで毎日王冠へ。

 ★京成杯オータムHを左前挫跖(ざせき)で取り消したダノンプラチナ(美・国枝、牡5)はキャピタルS(11月25日、東京、OP、芝1600メートル)へ。4着マルターズアポジー(美・堀井、牡5)は流動的だが、マイルチャンピオンシップ(同19日、京都、GI、芝1600メートル)が有力。

★「サンスポZBAT!」イメージキャラクター横山ルリカがサイトの魅力を紹介!


引用元:この記事を読む

プロのレースの買い目予想

今週末のレースの予想は今すぐこちらで確認。無料で買い目が見れます。買い目の参考に。

プロの買い目を見てみる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。