【古馬次走報】クイーンズリングは有馬記念に挑戦

 ★エリザベス女王杯7着クイーンズリング(栗・吉村、牝5)は、有馬記念(12月24日、中山、GI、芝2500メートル)に挑む。「鞍上は調整中です。ジャパンCが終わってから考えます」と吉村調教師。

 ★宝塚記念2着後から戦列を離れているゴールドアクター(美・中川、牡6)は、美浦トレセンに帰厩済み。「一応、有馬記念も視野には入れているが、態勢が整わなければ年明けのAJCC(2018年1月21日、中山、GII、芝2200メートル)になると思う」と中川調教師。

 ★マイルCS4着レーヌミノル(栗・本田、牝3)は、阪神C(12月23日、阪神、GII、芝1400メートル)を視野に入れる。僚馬で同10着のムーンクレスト(牡5)も参戦の意向。

★クイーンズリングの競走成績はこちら
★ゴールドアクターの競走成績はこちら


引用元:この記事を読む

プロのレースの買い目予想

今週末のレースの予想は今すぐこちらで確認。無料で買い目が見れます。買い目の参考に。

プロの買い目を見てみる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。