【先週のお別れ】キタサンブラックと同期のブラックタイド産駒&オークス馬の半弟らが登録抹消に

2017/12/26 15:38 カテゴリ:注目

【先週のお別れ】キタサンブラックと同期のブラックタイド産駒&オークス馬の半弟らが登録抹消に

[12月20日抹消]
アスカビレン(牝5、栗東・中尾)
通算成績
23戦6勝

2012年2月、北海道浦河町にある桑田牧場で生まれた、ブラックタイド3世代目産駒(同期はキタサンブラック)にあたる1頭で、現状(2017年12月現在)、父の牝駒のなかでは1億円超えの獲得賞金を得ている唯一の馬。また、母父スウェプトオーヴァーボードのBMS成績の筆頭級に名を連ねている存在でもある。

デビューは、2014年9月の阪神新馬戦(芝1600m)。中団待機より上がり最速タイの切れ味を発揮し初陣を飾ると、その2戦後にあたる白菊賞も制し、牝馬クラシックロードに乗る。生憎、トライアル戦のチューリップ賞(5着)、フローラS(8着)では結果を残せず、春の大舞台進出は叶わなかったものの、ひと夏越えた9月の夕月特別で古馬相手に圧勝。余勢を駆って挑んだ3歳牝馬最終戦・秋華賞では、12番人気の低評価ながら、直線馬場の真ん中より一瞬は勝つかの脚色を見せ、1着ミッキークイーン、2着クイーンズリングに僅か0秒3差7着と奮闘した。

なお、4歳シーズンには夏場の条件戦で2連勝したほか、重賞の府中牝馬S4着を経て、GIエリザベス女王杯にも進出(10着)。翌5歳シーズンとなった本年3月の六甲Sでは強豪牡馬相手に後方から差し切り勝ちを演じるなど、強烈な切れ味を武器に、マイル~中距離戦線で存在感を示した。中央所属ラストランは12月16日に行われたターコイズS(16着)。

[12月20日抹消]
レコンダイト(牡7、栗東・音無)
通算成績
36戦5勝

北海道千歳市にある社台ファームの出身で、2010年セレクトセールにおいて7000万円の高値をつけたハーツクライ産駒の牡馬だ。3つ上の半姉はオークス勝ちのサンテミリオン。馬主は金子真人ホールディングスさんで、栗東の名門・音無秀孝厩舎で管理された。

デビューは2012年の10月で、勝ち上がりはそこから4戦目(2013年2月)の3歳未勝利戦。血統的にはクラシック進出を大いに期待されたろうが、やや奥手の傾向にあったようで、本格化は古馬になって以降となった。

2014年1月の500万条件、2月の調布特別を連勝し軌道に乗ると、直後の湾岸Sでクリールカイザー(のちAJCC勝ち)の3着と奮戦し即メド。その後休養に入ったため降級したが、同年10月の北野特別で再度1000万条件を突破すると、翌年3月の但馬Sでエアアンセムやリヤンドファミユ、ローゼンケーニッヒといった強豪良血馬らをまとめて負かしオープンクラスへと駆け上がった。それよりのちも重賞初挑戦となった2015年5月末の目黒記念で2着、2016年3月の中日新聞杯で13番人気の評価を覆し0秒1差3着に健闘。本年も目黒記念5着、京都大賞典5着など、息の長い活躍で古馬中長距離戦線を盛り上げた。ラストランは12月9日の中日新聞杯(9着)となっている。

12月18日~12月24日までの登録抹消は他65頭。

■【UMAJIN.net EVOLUTION PROJECT】「本物に触れ、本物を知る。」競馬サロンはこちら!

■[お友だち5万人突破!]UMAJIN.net LINE@公式アカウント【限定無料配信】
  
■【重要】登録ができない、メールが届かない会員様へ

▽【関連リンク】
★★★さらに快適に! 無料の【UMAJINアプリ】Android版&iOS版 最新バージョン配信中!★★★
■海外競馬はUMAJIN.netにお任せ! 「海外競馬」ページはコチラから!
■驚異の新指数【WINDEX】 日曜阪神4Rで3連単7万8170円的中!
■【UMAJIN POG】2017-2018シーズン開催中! 参加はこちらから!


引用元:この記事を読む

プロのレースの買い目予想

今週末のレースの予想は今すぐこちらで確認。無料で買い目が見れます。買い目の参考に。

プロの買い目を見てみる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。