【京都記念】秋華賞馬ディアドラ「荒れた馬場も大丈夫」

【京都記念(日曜=11日、京都芝外2200メートル)】ダービー馬レイデオロ、皐月賞馬アルアインなど、明け4歳のGI馬が4頭も参戦する京都記念。牝馬の2頭は次走にドバイ遠征(ドバイターフかドバイシーマクラシック(3月31日=UAEメイダン競馬場)を見据えており、ともに好仕上がりだ。

 秋華賞馬ディアドラは橋田調教師が「まだまだ成長している感じ。背が伸びてパワーアップしているし、筋肉量も増えてますね。荒れた馬場も大丈夫なので楽しみ」と充実ぶりをアピールする。

 稽古に騎乗した新パートナーの福永も「見た目からして男馬みたいで、走りも牝馬らしからぬいい動き。パワーがあるね。頭数は少ないけど、逃げ、先行馬もいるからしっかりした競馬になりそう」。

 スローペースに泣いた前走(エリザベス女王杯=12着)のリベンジに向けて態勢は整いつつある。

 京都記念と同舞台のエリザベス女王杯を制したモズカッチャンも順調そのもの。

「前走後は有馬記念を使えるくらい、体調が良かったんです。それでも今年を見据えて休ませて正解でした。すごくリフレッシュできて馬が良くなりました。もともと稽古は動くほうじゃなかったのに、今はしっかり動けてます」と担当の古川助手。

「今年は男馬ともやっていかないといけない。ここでいい走りができれば楽しみも広がる」と今年初戦から気合をみなぎらせる。


引用元:この記事を読む

プロのレースの買い目予想

今週末のレースの予想は今すぐこちらで確認。無料で買い目が見れます。買い目の参考に。

プロの買い目を見てみる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。