【京都記念】レイデオロ、アルアイン、モズカッチャンなど超豪華メンバー!

【京都記念】レイデオロ、アルアイン、モズカッチャンなど超豪華メンバー!

レイデオロ

年明け初戦を迎えるレイデオロ

2月11日(日)、京都競馬場で行われる第111回 京都記念(G2)(4歳上 国際 別定 芝2200m)の登録馬が発表された。

京都記念のネット新聞・登録馬詳細データはコチラ→

今回で111回目を迎える伝統の重賞。ここをステップに春のビッグレースを目指すG1馬も多いが、特殊な適性を求められること、雪などの影響を受けやすいこと、ロングラン開催の後半ということもあり、実績馬たちが苦しむ光景もよく見られる。近年も女傑ジェンティルドンナやダービー馬キズナ、マカヒキが3着以下に沈んできただけに、荒れる要素も孕んでいるレースと言える。

前年のダービー馬・レイデオロ(牡4、美浦・藤沢和厩舎)が始動戦を迎える。最優秀3歳牡馬に選ばれた昨年はジャパンCでも2着に食い込むなど、古馬の一線級と互角に戦えることを証明した。主戦であるC.ルメール騎手が騎乗停止のため、D.バルジュー騎手が鞍上を務めるが、先に控えるドバイ遠征のためにも、ここは取りこぼせない一戦だ。

同じくドバイ遠征を見据えるのが、昨年のエリザベス女王杯を勝ったモズカッチャン(牝4、栗東・鮫島厩舎)。G1ではあと一歩の結果が続いていたが、内枠から馬群を器用に捌いてタイトルをつかんだ。非根幹距離、そしてパワーのいる馬場はまったく苦にしないだけに、開催後半の馬場は歓迎だろう。

昨年の皐月賞を制したアルアイン(牡4、栗東・池江寿厩舎)もここが復帰戦。前走の菊花賞は距離が長く、かつ重い馬場に苦しんだことから、参考外と言ってもいいだろう。距離短縮の今回、皐月賞以来の勝利を狙う。

秋華賞馬・ディアドラ(牝4、栗東・橋田厩舎)は、モズカッチャン同様エリザベス女王杯以来の実戦。それまで3ヶ月で4戦と厳しいローテーションをこなしていただけに、一息入っていいリフレッシュになったのではないか。重い馬場は秋華賞などでこなしており、馬場への不安は少ない。

菊花賞2着馬で今年飛躍を狙うクリンチャー(牡4、栗東・宮本厩舎)、エリザベス女王杯2着のクロコスミア(牝5、栗東・西浦厩舎)、京都で大崩れないミッキーロケット(牡5、栗東・音無厩舎)も一発を狙う。京都記念の登録馬と想定騎手は以下の通り。

アクションスター 56 太宰
アルアイン 57 川田
クリンチャー 55 藤岡佑
クロコスミア 54 岩田
ケントオー 56 小牧太

ディアドラ 54 福永
プリメラアスール 54 酒井学
ミッキーロケット 56 松若
モズカッチャン 54 M.デムーロ
レイデオロ 57 D.バルジュー

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。

みんなの情報掲示板topics bbs

最新情報や応援コメントなど役立つ情報の書き込みをお待ちしています!

書き込み0

  • この記事に関する投稿はありません。

関連記事Related post


  • すべて
  • レース
  • 地方・海外
  • トレセン
  • レポート
  • GⅠ
  • イベント・他

引用元:この記事を読む

プロのレースの買い目予想

今週末のレースの予想は今すぐこちらで確認。無料で買い目が見れます。買い目の参考に。

プロの買い目を見てみる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。