【中山牝馬S】パールコード、余力残し先着

 エリザベス女王杯4着以来のパールコードはCWコースで3頭併せ。余力残しで6ハロン80秒0、3ハロン37秒0-12秒2をマークし、グレイトパール(OP)に1馬身、レインボージャージ(新馬)に5馬身先着した。4カ月ぶりを感じさせないシャープな動きだった。

 中内田調教師は「時計が速くなったけれど、最後までしっかりと走っていた。順調です。1800メートルより2000メートルの方がいいタイプなので、あとは距離がどうかですね」と話した。

★中山牝馬Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載


引用元:この記事を読む

プロのレースの買い目予想

今週末のレースの予想は今すぐこちらで確認。無料で買い目が見れます。買い目の参考に。

プロの買い目を見てみる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。