【中山新馬戦】ダイワスカーレットの娘ダイワメモリーがデビューV

 24日の中山5Rの2歳新馬(芝2000メートル、12頭立て)は、2番人気のノヴェリスト産駒ダイワメモリー(牝2歳、美浦・国枝栄厩舎)がゴール前で抜け出してデビュー勝ちを飾った。勝ち時計は2分6秒1。

 大外枠からスタートはひと息だったが徐々に押し上げ、道中は4、5番手を追走。内へ入れた直線は前を行くマイネルプリンチペ、マノンの隙間を縫うように鋭く脚を伸ばして、最後は4分の3馬身抜け出した。

 ゴールでは横を確認する余裕を見せた内田博幸騎手は「追ってからがいいね。調教ではそんな面を見せていなかったけど、思った以上だった。馬場は道悪の先週より、良馬場の今週の方が良かったし、距離も2000メートルで良かった」と快勝を振り返った。

 07年の桜花賞、秋華賞、エリザベス女王杯、08年の有馬記念を制した名牝ダイワスカーレットの6頭目の子供。6頭すべてが牝馬で、新馬勝ちはダイワミランダ(5歳)に続いて2頭目。ミランダも管理する国枝調教師は「こんな競馬ができるとはね。今日の感じを見ると、あれもこれもと(レースを)いかない方がいいのかもしれない。次走はゆっくりといくよ」と見解を述べた。今後も長めの距離を中心に使っていくことになりそうだ。


引用元:この記事を読む

プロのレースの買い目予想

今週末のレースの予想は今すぐこちらで確認。無料で買い目が見れます。買い目の参考に。

プロの買い目を見てみる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。