【万哲の馬場予報】エリザベス女王杯(京都芝)「芝が全体的に傷み、切れよりもパワーが必要」

徐々に外差しにシフトする可能性もあり、当日のレース傾向に注意

徐々に外差しにシフトする可能性もあり、当日のレース傾向に注意

 毎週欠かさず馬場に関する情報を収集し、自身の予想に反映させるというスポーツニッポンの“万哲”こと小田哲也記者が、“予想に役立つ馬場情報”をコンセプトに、重賞が開催されるコースについて、当週の降水量・前日のレース結果等を踏まえた主観的意見から、よりライブな馬場状態を解説する。

【エリザベス女王杯(京都芝の傾向)】
 京都は土曜未明に降った雨の影響で芝はやや重でスタート。9R発走前の午後2時29分に良に回復した。長らく雨の影響を受け、連続開催6週目とあって、芝は内寄りを中心に全体的に傷み気味。土曜に限れば、雨の影響がはっきり残った。

 土曜は平地の芝競走は6鞍。スローのレースが多かったのも事実だが「全体的に時計を要した傾向」。良に回復していたメイン11R・デイリー杯2歳Sはレース中盤で、中だるみしたこともあるが、勝ったジャンダルムの勝ち時計は1分36秒3。芝が全体的に傷んでいる分...


引用元:この記事を読む

プロのレースの買い目予想

今週末のレースの予想は今すぐこちらで確認。無料で買い目が見れます。買い目の参考に。

プロの買い目を見てみる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。